2007年11月30日

実生活でKindleを1週間使ってみた!(長文レビュー)

Kindle

実生活でKindleを1週間使ってみた!(長文レビュー)
http://www.gizmodo.jp/2007/11/kindle1_1.html

ベゾスは「人はモノを見るのではない、中の本を見るのだ」と話してましたけど、たぶんスタイル重視の人たちに不評なことは予想してたんでしょうね。彼の言ってることは正しくて、僕も本、読んでましたよ。

総論。接続で繋がってるeブックリーダー、これは世界が求めているものです。アマゾンのライブラリが拡大を続け、僕の読みたい本をカバーしていく限りは彼らから買うことに異存はないですね。

そう、399ドルは高いですけど、値段はたぶん下がる可能性が高いですし、市場競争力のある9.99ドルという書籍プライスはジョブズ・ファンにも魅力ではないでしょうか。

Kindle使ってみて分かったのは、さしあたり必要な読書ニーズは大方Kindleで間に合う、ということですね。本うんと買い込んで書棚で見せるの大好きな自分には、ちょっとこれからどうなるのか考えると怖いですけど、これはもう「不可避」な流れであって「変化を嫌う」というだけでは言い訳として不十分な気がします。

僕がこれまでみたいに本買うのやめてアマゾンで本買う体勢に一気にシフトするかどうかはまだ分かりませんけど、アーリーアダプターのみなさんは僕と恐れを共有する必要なんかないです。Kindleは質の高い発明品です。リリース第1陣が、あんな速攻で売り切れた理由が今は分かる気がします。


e-book reader 、理想的にはいいけれども(本のスペースが不要。本がたくさんあると重くて運ぶの大変。引っ越しでエライ目にあった。引用したりメモを書いたりが楽にできたり、紙媒体としての限界を超える使い方がいろいろできれば欲しくなる。本とウェブがつながって、わからない用語などをシームレスに調べられたり、コメント書いてみんなで共有できたり)、現実的には否定派(まだ技術的に満足行かない。本としてのモノ感がない。本というパッケージでの世界観の醸成が失われる。本をインテリアとしてディスプレイできなくなる、などなど)でした。

日本でもなんどか失敗してますよね。

で、amazon が Kindle を出して、気にはなっていたのですが、その実生活での使用レビューがまとめられていました。

なかなか良くできているようで、ちょっと気になってきました。。。


('w') - 今夜は IA の集まりにおでかけ
posted by ('w') at 15:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI、下り最大3.1Mbpsの定額データ通信サービスを開始

W05K

KDDI、下り最大3.1Mbpsの定額データ通信サービスを開始
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071129/288380/?ST=pc_news

KDDIと沖縄セルラーは2007年11月29日、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsの定額データ通信サービス「WINシングル定額」を12月下旬に開始すると発表した。サービス開始に合わせて、このサービス専用のコンパクトフラッシュ型データ通信カード「W05K」を発売。この端末を使ってパソコンなどから通信する場合のみ、定額サービスを利用できる。

 WINシングル定額は月額基本料が決まっており、7万2000パケットまではパケットごとの通信料を従量制として基本料に上乗せ。7万2000パケットを超えると、それ以上は加算されない定額制に切り替わる。

 月額基本料と通信料の上限は契約形態に応じて異なる。端末購入時の端末代金を一部補助する「フルサポートコース」の場合は基本料金が3150円で、通信料の上限が6930円。端末代金を補助しない「シンプルコース」の場合は基本料金が2205円で、通信料の上限が5985円。


んん???
つい先日、

イー・モバイルが 7.2Mbps に
http://webhomaily.seesaa.net/article/69901915.html

という発表があったばかりですが、au で 7000 円以下の定額データ通信がついに開始されるそうです。

おぉ〜、接続可能範囲を考えると、ちょっと遅いけれど( Air H" から比べたらゼータクな話ですが)こっちの方がアリかも?

でも、どうして Windows だけなのよぉぉぉぉ!!!

ってヤツです。
Mac での非公式ドライバ求ム!

我慢できずにイー・モバ買っちゃいそうですが。。。


関連情報↓

WINデータカード「W05K」の発売と専用データ定額プラン及びADSLのセット料金導入について
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/1129/index.html

WINデータカード「W05K」の発売と専用データ定額プラン及びADSLのセット料金導入について
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/1129/besshi1.html

WINデータカード「W05K」の発売と専用データ定額プラン及びADSLのセット料金導入について
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/1129/besshi2.html


('w') - ぬぉ〜、トイレ近い病マッドマックス!
posted by ('w') at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Angry-Gram

Angry-Gram 01

Angry-Gram 02

Angry-Gram
http://www.angry-gram.com/

怒れるハンバーガーが、タイプライターで打ち込んだメッセージを、送り相手にブチまけてくれます。
相変わらず笑ってしまうバーガーキングの新しいコンテンツです。

('w') - 超腹減った〜!
posted by ('w') at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTMLの設計原則が公開

HTMLの設計原則

HTMLの設計原則が公開
http://standards.mitsue.co.jp/archives/001269.html

昨日付けで、HTMLワーキンググループより、「HTML Design Principles」という文書の草案が公開されました。

HTML Design Principlesは、互換性や相互運用性など、HTML 5の策定において考える必要のあるいくつかの概念をまとめたもので、HTML 5の目的や方向性をつかむには最適な文書であると考えています。というわけで、この文書を日本語に訳した「HTML 設計原則」を公開します。

HTML 設計原則 (2007年11月26日付 W3C草案)


設計原則ということで、方針がざっくり書いてあります。


('w') - うーむ、あの症状が本日は戻ってきておるのぅ。。。やはり夜お風呂に浸からないとダメか?
ラベル:HTML5 HTML web標準 設計
posted by ('w') at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Web標準/HTML/CSS etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

京都造形芸術大学 TOP | KUAD-TV

071129_006_400.jpg

京都造形芸術大学 TOP | KUAD-TV
http://www.kyoto-art.ac.jp/

サイトのホームで、3D な奥行きのある空間の中に浮かんでいる映像コンテンツのサムネールをスムースに探しながら閲覧でき、そこからコンテンツにアクセスできるようにしています。

昔、なんとかファインダー(だったかな?)とかなんとかいう名前で、まだブロードバンドじゃない時代にプロトタイプ開発をうちでやったのを思い出しました。

今はイイ時代ですね〜。

('w') - ラリホー! ネムイ!
posted by ('w') at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4回オンラインショッピングに関する調査(下)〜目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%〜

オンラインショッピングに関する調査

第4回(下)〜目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%〜
http://www.e-research.biz/profile/proec/002614.html

Webマーケティングガイドでは、市場規模が拡大傾向にあるオンラインショッピングについて、ユーザーの購買行動や利用意識を明らかにしていく。
前回の「第4回オンラインショッピングに関する調査(中)」では平日と休日のオンラインショッピングの利用頻度や1回の購入額を調査したが、今回の調査(下)ではECサイトを訪れる際の目的の有無や商品に興味を持ったポイント、ECサイト内での商品の探し方、オンラインショッピングをする上での不満な点を調査した。
≪調査結果サマリー≫

目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%、26.3%のユーザーは明確な目的を持たない

購入目的にはない商品に興味を持つポイントは、「お買い得だから」「画像に魅力を感じたから」「インターネット限定の販売だから」

決まったECサイト内で、商品を購入するユーザーは半数以下で45.1%


2/3 近くははっきりとした商品購入目的を持たずに EC サイトに来ているそうです。
彼らの詳細の来訪理由を知りたいですね。

購入目的はまだないが、検討段階の調べ物をしていて来た、とか、ブログなどで紹介されていたのを見てクリックしてやってきた、とか以外にもあると思いますが、それらにあわせたコンテンツなどを用意して、態度変容を促したいモノです。

細かい点では、

・近年、人気・有名モデルに販売商品である洋服を着させている女性向けECサイトをよく見かけるが、これも購買喚起の1つの方法だと考えられる。

・ECサイトの商品の種類を充実させると共に、検索エンジンで検索されるであろうことをあらかじめ想定したサイトまでの導線作りが必要だと言えるのではないだろうか。

・オンラインショッピングで購入目的ではない商品に対して、興味を持つポイントを尋ねたところ、「お買い得だから」が70.5%と圧倒的に多く、次いで「画像に魅力を感じたから」が30.9%、「インターネット限定の販売だから」が22.7%と続いた。

などなどの示唆が書かれていました。

('w') - 夕方はねむいのぉ〜
posted by ('w') at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子図書を貸し出す千代田Web図書館

千代田Web図書館

千代田Web図書館
http://weblibrary-chiyoda.com/

なんと日本初の電子図書の貸し出しを行うウェブ図書館です。
千代田区の人しか今はつかえないのですが、e-book などをやっている会社の対抗になっていく可能性がありますね。

関連情報↓

千代田web図書館|施設案内|千代田区立図書館
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/facilities/weblibrary.html

千代田Web図書館 http://weblibrary-chiyoda.com/
 (11月26日から試用期間スタート)

千代田区立図書館では、日本の公共図書館では初めてインターネットを活用した「千代田Web図書館」をスタートします。このサービスは、電子図書をインターネット上で貸出・返却を行なうものです。(2008年3月末までは千代田区内在住の方限定の試用期間です)



('w') - ランチで納豆菌を大量取得。かもされてます♪
posted by ('w') at 14:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEOで失敗しない「サイト移転」マニュアル

SEOで失敗しない「サイト移転」マニュアル
http://netafull.net/marketing/022902.html

SEOで失敗しない「サイト移転」マニュアルというエントリーがありました。

ドメインやURLを変更するということは、SEO対策においては一大事!これまでのSEO対策の効果をうまく引き継ぐサイト移転方法を、SEM総合研究所の渡辺隆広所長が伝授します。
SEM総合研究所の渡辺隆広所長による、ドメイン移転の際のSEOテクニックです。

最初にドメイン変更によるリスクが解説されています。

今まで5年間運営してきたドメインを新規に取得したドメインにに移転すると、ドメインの年齢は「5年→0年」となってしまい、検索エンジンの評価はその分落ちてしまいます。
Googleには「エイジングフィルター」という、ある一定期間を経過していないドメインは上位表示させないというフィルターがあるのだそうです。


なるほど〜。
エイジングフィルターって初めて知りました。

元ページでのポイントを羅列すると、

---

・ドメインを変更する6ヶ月前に新しいドメインを取得

・「301リダイレクト」をかける

 「301リダイレクト」というのは「あるURLを永久に移転しました」ということを示すものです。「301リダイレクト」をクローラが受け取ると、リンクの評価を移転先のサイトに受け継いでくれます。これによって、今もっているリンクの評価をそのまま新しいサイトに受け継がせることが可能です。この設定を行なうことは必須といっていいでしょう。

  ー新しいサイトの「個別のページ(対応ページ)」にリダイレクトさせる
  ーどのページにアクセスされても「トップページ」にリダイレクトさせる

  ※ディレクトリ構造やファイル名変更の際の注意点
   既存のサイトでは、トップページだけではなく下層のページにもいくら
   かのリンクが張られているはずです。下層ページに張られているリンク
   は非常に重要ですので、そのリンク資産を無駄にしないためには、変更
   前URLと変更後URLの対応表を作成し、個別ページごとにリダイレクト
   の設定をすることをおすすめします。ここでも「301リダイレクト」を
   使用すると良いでしょう。

・裏ワザで「302リダイレクト」を利用する

  ーGoogleにおいては、一時的な移転を示す「302リダイレクト」を利用す
   れば、古いサイトがヒットします。ですので、エイジングフィルターが
   かかる可能性のある当初6ヶ月間は「302リダイレクト」で処理をし、
   6ヶ月期間を経過してから「301リダイレクト」に変更するというのも
   1つの方法です。新しいサイトの「年齢」が6ヶ月を過ぎると、新しい
   サイトも検索エンジンにインデックスされてくるはずです。そのタイミ
   ングで「301リダイレクト」へ変更し、新規のサイトに全てを移すので
   す。

・古い IP アドレスと新しい IP アドレスの重複

  ーサーバ移転等でIPアドレスが変わる場合、別の注意が必要となります。
   ドメインが変わってすぐの間は、検索エンジンは古いIPを参照してしま
   う可能性があるので、新旧どちらのIPアドレスで見てもWebサイトを閲
   覧できるようにする期間を1ヶ月は取っておく必要があります。それを
   1ヶ月程度行い、アクセスの生ログをみてクローラが新しいサイトを認
   識し始めたら、古いIPアドレスを閉じます。必ず契約が重複する期間を
   設けるということがポイントです。

---

リダイレクトファイル作るのとか、結構めんどいんですよね。。。
ディレクトリ単位でリダイレクトファイルを作ったりしたことがあります。

元ページ↓
SEOで失敗しない「サイト移転」マニュアル
http://www.alphaseo.jp/seo-column/071129_102357.html


('w') - 本日はもやしもん放送日。テレビを接続してつかえるようにするか。。。00:55 からって、ネムイのぉ〜。
posted by ('w') at 14:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | SEO/SEM/ログ分析 etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミュニケーション視点でのワークエクスペリエンスの変化

社内 SNS がここ1〜2年で広まっており(うちにも入れたいので動きたいです。。。)、結構仕事上のコミュニケーションやらコラボレーションの仕方に変化が現れてきていて、社内の人材をうまく活用できる方向にいっている感じ。

・誰にどんなナレッジがあるのかわかる
・様々な問題・課題を提示しやすい
・それらについて議論しやすい
・部署間の壁がなくなり、自由なやりとりができる

などなど。この辺がみんなに見えているというのが大きいですね。

社内 SNS が出てくる前は、メッセンジャーがその辺の役割を見えないレベルで補佐しており、円滑に仕事を行える状況を作っていて、見える部分と見えない部分でうまくからみあうのかな、と思います。

で、そうなってくると、メールは結構レガシーなコミュニケーションツールになってきて、メールで全部やる、ということではなく、

・社内の議論や課題出しなどは社内 SNS の掲示板で(時短委員会とか社内会議体やら活動体などもそれぞれコミュつくったりして意見のやりとり)。
・プロジェクトの議論や課題だしなども社内 SNS のプロジェクトのコミュティ内掲示板で。
・決定したことも社内 SNS で。
・どんな人がどんな知識や経験やスキルをもっているかは社内 SNS で調べてコンタクト。
・タスクを実行する上でのちょっとした意見のやりとりやらお願いやら相談やらはメッセンジャー。
・クライアントやパートナーとのやりとりはメールで(もしくは SNS にとりこむ!?)
・全員に確実に衆知したい決定事項はメールで送って SNS にも掲載
・自分が考えていることや思っていることをとりあえず書いてみるのは SNS の日記で。

などなど。

メールの出番は減り、コミュニケーションやコラボレーションの仕方が変わって、ワークスタイル上でのエクスペリエンスがずいぶん変化するのですよね。

ちなみに、社内 SNS に Twitter 的機能を加えて、つぶやきを社内でも共有できるようになると、みんなが今どんな気分や考えですごしているか、はっきり形にすると出てこないけれど、漠然とならいろいろ出てくることがらが見えてきてよさそうです。


関連情報↓
電子メールはやはり時代遅れなのか?
http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2007/11/post_bcb2.html?ref=rssall

GoogleとYahoo!、WebメールをSNS化へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/22/news045.html

【Web 2.0 Expo Tokyo】新機能「知創空間ナビゲーション」が社内SNSをもっと便利に!
http://www.rbbtoday.com/news/20071117/46548.html

社内Twitterが流行る?
http://snsbp.blog104.fc2.com/blog-entry-57.html


('w') - じょしでなくじょーしと飯〜。
posted by ('w') at 12:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SNS/ソーシャルウェブ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3Dをはるかに超えたリアルさ!トヨタが作った究極のドライブシミュレーター

3Dをはるかに超えたリアルさ!トヨタが作った究極のドライブシミュレーター

3Dをはるかに超えたリアルさ!トヨタが作った究極のドライブシミュレーター
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/ubiq_sonota/157318.html

飛行機や自動車の教習には、シミュレーターという装置がよく使われます。

通常は、パソコンのような画面があって、手前に操縦桿やハンドルがあるといったタイプが一般的です。


しかし、このほど、トヨタが作った「ドライビングシミュレーター」は、これまでの常識を打ち破りました。

実車を360度スクリーンで取り囲み、前方、後方、左右の映像がぐるりと連続して見られるのです。


それだけではありません、


ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、クルマと360度スクリーンが入った直径7.1mのカプセル自体が
 
 
 
巨大なXYテーブルで動く
 
 
 
のです。その移動範囲は、縦35m、横20m。最大体感加速度は0.5Gにも及びます。


これスゴイですね〜!
ここまでシュミレーターがすごくなると、ユーザーテストなど様々な検証がかなり実際のレベルでできるでしょうし、通常の環境ではできないテストもできるようになるでしょう。

さらに、これってふつうにエンターテイメントとしておもしろいと思います。
遊んでみたい人多いんじゃないかなぁ。

巨額の投資をして開発していると思いますが、そっち方向での回収もできそうな気がします(笑)。
とりあえず、お台場ヴィーナスフォートの MEGA WEB においてほしいです。


('w') - Come home ! vol.10 をじっくり読んでアイディアをノートにイラストで描きためるのが愉しい♪
posted by ('w') at 11:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーザビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google マップが地形表示可能に

Google マップ地形表示

Google マップ
http://maps.google.co.jp/

おぉ〜、ダイナミックですね。
ダイクマですね。

基本的には地図情報ですが、地図情報のなかから何を強調してみたいのか、という目的によって、見せることと見せないことを選別し、様々な地図が発生するわけです。

同じ場所を示すモノですが、そこに視点によって様々なレイヤーが存在している感覚ですね。
レイヤーが増えて、それを必要にあわせて利用できればより便利になっていく。

ウェブでも、その情報へどう触れたいのか? どう理解したいのか? どの属性情報だけを知りたいのか? などによって、コンテンツのあり方が様々替えて提供したり、導線や文脈を整えたりする必要があります。
ある情報に対して、様々なレイヤーを提供する視点を持つことで、サイトに深みを持たせ、ユーザーが活用しやすいサイトにしたいものです。


('w') - うちのマンション手前の山の上の道からの夜景が絶景。
posted by ('w') at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルファブロガー・アワード2007 : Alpha Bloggers

アルファブロガー・アワード2007 : Alpha Bloggers

アルファブロガー・アワード2007 : Alpha Bloggers
http://alphabloggers.com/

今年もアルファブロガー・アワードをやっています。

('w') - さむいのぉ〜! スタバのトールココを買う頻度が高まった。冬だ。
posted by ('w') at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

イー・モバイルが 7.2Mbps に

『EMモバイルブロードバンド』国内初、HSDPA通信サービスを7.2Mbpsに高速化
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=498

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)は、モバイルブロードバンド革命の第2弾として、12月12日(水)より、国内の通信事業者として初めて、HSDPA 受信最大通信速度を7.2Mbpsまで高速化し、北海道、東北、関東、東海、関西、中国、九州の主要地域にて提供を開始するとともに、7.2Mbps対応端末の販売を開始いたします。


1.サービス
現在サービスを提供している全国のエリア中、都市部や人口密集地の基地局から順次、HSDPA 受信最大通信速度7.2Mbps、送信最大通信速度384kbpsの高速モバイルデータサービスを提供開始します。なお、最大通信速度は接続する端末に依存します。


うぉ〜、マジっすか!
自分で買って使い続けてきている Air H" が破壊されて接続できなくなってきたので、こいつに替えようかな。。。
7.2Mbps なんて、猛烈に速い!!

しかし、うちの社内の Air H" は、ちょうど 3.6Mbps のに切り替えたばかりですね。。。汗。

ちなみに、端末はコレ。


データ通信カード D02HW | イー・モバイル

データ通信カード D02HW | イー・モバイル
http://emobile.jp/products/hw/d02hw/index.html


('w') - これって発表されただけでまだ発売はされてないの!?
posted by ('w') at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日産:スカイライン公式ブログ SKYLINE BLOG

日産:スカイライン公式ブログ SKYLINE BLOG

日産:スカイライン公式ブログ SKYLINE BLOG
http://blog.nissan.co.jp/SKYLINE/

スカイライン 50 周年ということもあり、公式ブログやイベントやらでいろいろプロモーションをしている模様。
スカイライン検定なるものもブログでやるそうな。

ただ、GT-R が NISSAN になっちゃったから、なんかこういう動きと最新 GT-R がかみあわない感じがあって、なんともいえないですなぁ。プロダクトブランドを変革していく段階だから、しょうがないとはいえ。

日産が「スカイライン検定」、認定書を発行
http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/553319.html

日産自動車は「スカイライン」の発売50周年を記念し、歴代モデルについての知識を測る「スカイライン検定」を12月6日に公式ブログで公開する。問題の正解数に応じて1―5級の認定書を発行する。
出題内容は、旧プリンス自動車工業時代の初代モデルから7代目モデルまで開発にかかわった櫻井眞一郎氏が監修する。
また12月6日―16日の期間、丸善の33店舗で特定のスカイライン関連書籍を購入した顧客に、歴代12代のスカイラインと「NISSAN GT-R」の写真を使った13種類のしおりを配布する。しおりには「スカイライン検定特別版」のURLを掲載する。特別版は、公式ブログで公開する通常版と異なる問題を出す予定。
このほか12月14日には、東京丸の内の商業施設「丸の内オアゾ」でスカイライン協賛のクリスマス・コンサートを開催する。会場には12代目新型クーペと、「ハコスカ」の名で知られる3代目モデルを展示する。12月15日には東京丸の内の丸善本店で、スカイライン検定の認定書を持つ顧客を対象に櫻井眞一郎氏のサイン会を行う。


ちなみに、GT-R はイブニングかなにかで開発と広報の秘話をマンガで連載もやってます。
いろいろとブランド醸成のためにコア・ファンへの施策を積み重ねてますな。


('w') - だれでもいつでも最高のパフォーマンスを楽しめるっていうコンセプトを本当に実現するのはすごいですな。GT-R のあり方に賛否両論はあるとはいえ。
posted by ('w') at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Web 2.0 Expo : ニュージェネレーション世代におけるケータイとは? 2007最新事情

もう一個みにいっていたのでそれもレポ。
ケータイ利用の実情の報告で、もともとケータイは 10 代などはケータイしかふれていないから、ケータイのユーザビリティを悪いとは思っていなくて、使いにくいという発想がない(PCをしらないから)という話はしっていましたが、改めていろいろ話を聞くと、とてもおもしろいことだらけで、このセッションは非常におもしろかったです。

女子大生を連れてきていて、彼女たちに質問できるのもグッド。
でも、手を挙げたけれど時間切れで質問できなかったのはバッド。

涙。


---


ニュージェネレーション世代にあけるケータイとは? 2007最新事情
ネットエイジア株式会社
マーケティング事業本部 R&D室
室長
境野 智樹



■セミナーについて

・女子大生を3人連れてきました。
 あとで彼女たちに聞きたいことを質問してください。

・高校生で PC もっているのは 20% くらい。
 普通の高校生はケータイ。PC 使っている高校生は IT リテラシーが高すぎる(高校生としては)。


■ケータイユーザーとは?

・ケータイオンリー

・パソコンケータイ両方

 ープライベートでケータイオンリー
 ーPC 補完
 ー目的別、使い分け

・パソコン主体

 ケータイでネットにつなげている人は 90 % 以上。

■ケータイオンリーユーザー

・10〜20代
 男性より女性の割合高い
 エンターテイメント性の高いコンテンツを求む
 口コミがサイト認知の重要経路

・ケータイそのものの利用頻度が高い。
・そもそもケータイから入っているので、PC が苦手。
・ネットといえばケータイを指す。画面の小ささ、文字の入力のしにくさを全く感じていない。
 日記やブログ更新、EC 利用などすべてをストレスなく行える。
 ケータイで苦痛を全く感じていない、というのが調査結果として出ている。
 ここを理解しないと、PC で成功している方々はうまくいかない。

 最新のトレンドや新しいモバイルサイトの情報が口コミで広がりやすい。
 オフラインの口コミやコミュニケーションも大きな認知経路。

■ケータイ=PCの補完手段ユーザー

・30〜40代
 PC がつかえないときにモバイルサイトを使う
 サイト認知は PC が経路

・新しい情報やトレンドの取得は遅れている
・PC がつかえるところでは PC を使う
・簡単に言うと、遅れている。。。


■ニュージェネレーション世代とケータイ

・現在の高校生が 10 歳の時のケータイ年表
 1999年:i-モードスタート
     穴子ルケータイ終了
 2001年:FOMA 開始

・ニュージェネレーション世代(ティーンエイジャー)は「ケータイオンリー」スタイルが主流
 パソコンレスなスタイル
 生活はケータイ中心
 ケータイはファッション、音楽プレイヤー代わり
 コンテンツを毎日チェック
 流行、おもしろ情報は「口コミ」ならぬ「ケーコミ」

 高校生は 90 % 以上ケータイをもっている(PC は 20 %)
 中学生時代に半数以上が持っている
 小学校高学年で 10 %とか
 中学1年で 12 %
 中学2年で 14.75%
 中学3年で 26.5%

 地域的には東日本のほうが速くケータイをもちはじめる
 関東圏が一番はやくておおい
 西日本はおそい

・ケータイは何のツール?
 男子高校生はコミュニケーションツール
 女子高生は生活必需品
 女子高生は進んでいる

・今の生活でたのしいことトップ10

 ともだちとしゃべる
 ともだちとあそぶ
 寝る
 テレビを見る
 漫画を読む
 ショッピング
 ケータイでめーるする
 通話、メール以外のケータイ利用
 ゲームをする
 音楽を聴く

 4〜10位までケータイでできる。

・ライフスタイル

 撮られるともっとも困るモノ
 ケータイ 62.4%
 テレビ19.3
 パソコン13.6
 ゲーム機4.6

・ケータイの利用頻度

  通話を毎日する人は非常に少ない
  メールとネット閲覧が非常におおい
  ネットは一日5回以上を 54.8% 以上の人が行う
  カメラ撮影は毎日する人は 25 % くらいで、通話の利用頻度と同じくらい
  画像送信は少ない
  ケータイでゲームを毎日するのは 40% くらい。そんなにおおくない。

・SNS

 SNS という言葉はしらない 66%。知らないで使っている。

 モバゲー利用は 47%、知っている 45%、知らない 6.8%
mixi は 12.9% (PC での利用は 1.8%)、知っている 56.9%、知らない 28.4%

・モバゲータウン
 利用しているモノ(複数回答)
 ゲーム 87.8%
 ケータイ小説 27.7%
 SNS 22.3%
 デコメ 10.7%

 ケータイ小説のほうが SNS よりつかっている。

 モバゲーの楽しい点はいろんなことができたり、いろんなものがある。
 嫌な点は、ポイントがたまりにくいとか見にメールがうっとうしい、出会い系サイトとしての利用が多い、名前が一度しか変えられない、などなど。

・プロフ

 プロフを利用している 28.3%(男子高校生 16.9%、女子高校生 38.8% 女子高生が倍以上。また、関東圏がおおい)
     知っている  49.9%
     知らない   21.8%

 利用実態
 学校の同姓の友達への公開が上位

  女子は同姓への公開の割合が多い(学校内が一番上、学校以外の同姓、ネットで知り合った顔の知らない同姓、その後で、学校の異性の友達、とつづく)
  相手によってプロフを使い分けている

・ケータイでよく見るコンテンツ

 自らも投稿できるコンテンツ

  投稿サイトの画像動画など

・ケータイ検索サイト

 利用している 97.9% 他の世代より高い利用率。他の年代では絶対見られない。

 1位:Yahoo! モバイル、Google モバイル、iメニュー検索、CROOZ!、エフルート・gooがつづく

 ケーコミ(ケータイを使った口コミ)

 ケータイを使ってコンテンツなどを人に教えることがよくあるひとと時々ある人は半数以上。
 教えたことのあるコンテンツは、
  ニコニコ動画、Youtube、脳内メーカー、顔チェキ、あちゅら、CAMOW、ゴルゴンぞおーら、檄カワ画像交換所など。

・ケータイ利用のまとめ

 ー「マイコミュニケーション」を形成して、それを持続する
 ー自分らしさ、スタイルを表現するツール


  ケータイコミュニティ=マイコミュニティ

    学校の友達、同年代、親とも(親指だけ、ケータイだけ、のともだち)、コミ友、趣味友...

  おや、センセイ、バイト先、との接触はわずか。

  かなり使いこなしているが、支払いは親頼み

・ケータイコミュニティが生み出す、生まれるモノ

 ↓情報への接触、吸収、取り込み
 ↓コミュニティ独自の情報、文化
  ・独自の記号文字、文字ルール
  ・つかえるケータイコンテンツの発見
  ・独自のスラング、言い回し、新語
  ・トレンド商品の発見
 ↓ケータイによる情報伝達・自己主張
  ・メール
  ・ブログ、掲示板、My Tube
  ・SNS 、ケータイ小説
 ↓ヒット商品、社会現象

 ケータイ文化の中のニュージェネレーション世代=ニューアメーバ時代
                        情報を必要な部分だけ取り込む
                        小さなコミュニティでもそれ自体が存在感がある


■女子大生に質問

Q:なにつかってますか?

 ・乗り換え案内、遅刻しそうなときに。
 ・mixi で日記をかいたり、コメントをみたり。
 ・mixi で暇な時間に友達の日記をみる

Q:毎日チェックしているモノはある?

 ・バラバラ。フォレストでケータイ小説は毎日。
 ・バラバラ。あとはニュース。
 ・mixi かニュース。

Q:ケータイを使う時間は?

 ・友達と一緒に遊んでいるときに誰かがケータイ使っているとやな気分にもなるけど、最近は気にしなくなってきた。
  ちゃんとしている人は、友達にことわってから使ったり。
 ・私は抵抗なく使う。画面は見られたくないのでシールはってたりする。
 ・高校生の時はきにしていたけど、だんだん気にしなくなってきた。


---

これから、全く違うユーザビリティ世界観をもったユーザーたちが同じケータイサイトを使うようになったりするわけで、その辺どうそれぞれのユーザーたちによい体験を設計すればいいか、とても興味深いですな。

あ、あと、思ったのは、以外と今時の女子大生と感覚かわんないな、と思って安心。
でも、女子高生以下とは結構違う気がする。

そして、女子高生のプロフ公開で、同じ学校の男子への公開が一番低かったのに、男子高生は同じ学校の女子への公開が2番目に高い、という女子と男子の実情の差が泣けた。


('w') - 卓球の会が延期になった。闇練の成果が出せなくて悲しい。ホントは闇練してないけれど。
posted by ('w') at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Web 2.0 Expo : 最良のWeb2.0体験を全てのデバイスへ〜CSSの生みの親が語る CSS3 そしてウェブの未来〜

今更ですが、Web 2.0 Expo でギリギリ参加できたセッションのレポートをご紹介ナリ。

オペラの CTO で、CSS の生みの親なホーコン・ウィウム・リー氏(新兵風味たっぷりな白人)のセッションです。

まぁ基本的には Opera の宣伝的な話がほとんどでござった。

以下、レポートデス!


---


最良のWeb2.0体験を全てのデバイスへ
〜CSSの生みの親が語る CSS3 そしてウェブの未来〜
Opera Software International AS
CTO - 最高技術責任者
ホーコン・ウィウム・リー
提供:Opera Software International AS

■ 概要 Overview
1994年にカスケーディングスタイルシート(CSS)の概念を世界で初めて提唱し、その後 W3Cにおいて技術の規格標準化を推進した張本人が、現在すすめている“CSS3”についてのアイデアと、実装にむけた進捗状況を解説するとともに、“1つのウェブ”をマルチプラットフォーム環境でブラウジングするための実例をご紹介します。


■プレゼンについて

・今の HTML 5 、CSS 3 という状況やウェブの状況を話す


■オペラについて

・小さな企業でも生き残れるように、オープンな環境でケアしていかないといけない

・デバイス

 デスクトップ用オペラ
 モバイル用オペラ
 デバイス用オペラ( PDA 、ゲーム機など、デスクトップやモバイル以外)
  →Wii のインターネットチャンネルにも搭載
   ゲームコンソールからブラウズすることは PC とは異なっている
  →100ドルラップトップ(ネグロポンテマシン)
   コレに載っているのは誇り。
   HD が載っていない。部品が少ない。どういう環境でも長くつかえる。
   タブレット、WiFi 。。。
   タブレットのポートレートモードなどで閲覧。
  →ミニオペラ
   Java アプリ。100kb くらいの小型のブラウザ。

 オペラはウェブのあらゆるところで、あらゆるものでつかえるようにしたい。


■ニューメディア

・ウェブで必ずつかえるようにしないと行けないのは

 Video

 Flash など、様々なプラグインやスクリプトが必要で、それらがないと Video がうまくパブリッシュできない

 HTML 5.0 で Video は扱いやすくなる
 ブラウザはプラグイン無しでビデオを扱えるようになる。

 
posted by ('w') at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid
http://www.mmaid.jp/park/index.html

音楽は元ファンタスティック・プラスティック・マシーンの人がやってます。
自分の植物を育てたり、他の人の植物を応援したり。
ポジティブなコメントで育ちます。
着メロを集めたりとかもできます。

('w') - おぉ〜、もう日が落ちて真っ暗か。最近ははやいのぅ。。。
posted by ('w') at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロジカルシンキングな話04

社内で企画しているロジカルシンキング講座の4回目の内容メモちょろっと。

---

■グループ内の考えを要約する

・より深い関連性を見いだす

 事例を元に、関連性を深掘りしてどういう考えになっているかを発見して整理する話をした。

・主部、述部、判断という3つのポイントでの違いなどを考える

 お客様から頂いてくる情報は歯抜けでいただいている。
 それを元に考えるプロセスを経て要約をするが、歯抜けの部分が想定できたり、推測できたりして、お客様にこういうものが他にもあるんじゃないですか? という話ができたりする。
 頂いた情報、表面的な情報だけで話をすすめちゃうとあぶない。
 歯抜けのところで、じつは重要な視点や情報があったりする。
 なので、我々はそこを想定して、「本当はこうなんじゃないですか?」と提示してあげる。
 そこが高いフィーを取っていることにつながるし、高い信頼関係を結べ、より深い議論ができる。
 深い洞察をすることがひつようだ。

・帰納的なジャンプをする
 すべてのグループ化の作業で、常に自問すること

 「なぜこれらの考えをグループ化したのか? なぜ他の考えではなく、これらをグループとしてくっつけているのか?」

 その答えは次の2つ。

 ・それらはすべてある特性を共有しており、かつその特性で関連づけられるすべての考えであるから
 ・それらはすべてある結果を達成するために一緒に撮らねばならない行動であるから

・大事な話

 状況の考えの場合は、

 ・理由
 ・問題点
 ・結論

 などの特徴・共通点が同じになる
 その中で序列化が可能になる

 大事なポイントは、

  ・まず構造上の特徴・共通点が同じなことをみつける
  ・次に本当に共通点が同じなのか? 論理的にかんれんがあるのか?
  ・共通特性の重要性を理解して要約できるところまでジャンプする

---

ロジカルシンキングって、かなりインフォメーション・アーキテクチャの構築作業につかえます。IA 的にちゃんと学んでおくとグッド。

というか、何にでも必要ですな。


('w') - う〜む、今日はまたモレモレな症状が復活してきたぞ!?
posted by ('w') at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方/マインド etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴覚障害ドライバー:サイレンが「見える」装置で支援

聴覚障害ドライバー:サイレンが「見える」装置で支援
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071127k0000m040110000c.html

聴覚障害のあるドライバーのために、一般車両や救急車、パトカーなどによるクラクションやサイレンの音だけを拾って光の点滅で知らせる装置を、甲府市のソフトウエア開発会社「ウェルフェア」(今福和社長)が開発した。現在、特許を申請中。聴覚障害者による免許取得要件は来年6月までに撤廃されることが決まっており、朗報となりそうだ。

 今福社長はソフトウエア開発会社で働いていた14年前、脳梗塞(こうそく)で倒れて右半身が不自由になった(身体障害者2級)。00年ごろ、聴覚障害者から「クラクションやサイレンなどに反応できない」という悩みを聞き、警告装置の開発を決意。会社に働き掛けてウェル社を設立した。

 音ごとに違う周波数の特徴を見つけるのに3年かかったが、国や県から助成を受けて研究を続け、7年の歳月をかけて完成させた。車外に取り付けたマイクが拾った音を車内のランプで運転手に知らせる仕組みで、価格は9万9750円を予定。今福社長は「障害の悩みを共有できたことが、開発に向けた大きな力になった」と話す。


アクセシビリティ関連の課題解決は、やっぱり障害の悩みを具体的に共有できることなのですね。
その辺力入れる際は肝に命じたいモノです。

('w') - いざ、決断の時!?
posted by ('w') at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセシビリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

Windowsユーザーの Leopard ファーストインプレッション

Windowsユーザーのファーストインプレッション
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20071122/1004732/

TigerとLeopardではこれといって見た目の変化はないし、使い方にも違いはない。反語的な言い方になるが、これは凄いことだ、とWindowsユーザーの目には映る。

 新しくなったデスクトップをじっくりと眺めてみる(図1)。デスクトップ下の「Dock」のアイコンが従来より立体的になって、遠近感のある板の上に乗っているが、マウスカーソルを近づけるとアイコンが大きくなるUI(ユーザーインターフェース)はTigerと同じだ。メニューバーに関しても、とくに変わりはない。デスクトップにはTigerと変わらずハードディスク(Macintosh HD)がマウントされている。USBメモリーを挿してみると、ハードディスクと同じようにドライブとして認識される。

 アップグレードしたからといって、戸惑うような部分はどこにもない。Windowsの場合、Me→XP→Vistaと、毎回、お祭り騒ぎのような変化があった。Vistaにいたっては、ユーザーがデータを保存する「マイドキュメント」フォルダの位置さえ変わってしまった。正確にいうと、マイドキュメントフォルダという存在は消滅し、ユーザーフォルダの中にファイルの性質ごとに指定のフォルダにデータが入るようになったのだ。

 それに対してMac OS Xの場合、進化の方向がブレない。

 「楽しく、美しく、効率的に」

 これ以上できるのか、と思わせつつ、いつもこの3つの方向の熟成がどこかに用意されている。Windowsの場合、「楽しく、美しく」は同じだが、そのために見た目が大きく変化したり、UIが変化したりして、環境が変わるたびにユーザーに学習を強いる。そのため、イマイチ「効率」の部分が実感できない。

 というわけで、変わらないように見えることは凄い。

 しかし、当然ながら、実際の中味は大きく変わっているわけで、Leopardはそのあたりのさじ加減が絶妙のだ。


これぞまさにユーザーインターフェースをしっかりとデザインしつづけてきた結果、といえるのでしょう。
優れた UI は気づかれないもの(発見できないとかそういうことではなく、気にならない、自然につかえる、その効能を当たり前のように受け取っていい感触をもつが、それについて深く考える必要がない、とかそういうこと)。アップグレードのたびに見た目上はあまり変わらなくても、使い込めばよさを感じる、ということで、これぞまさに、ということですなぁ。

('w') - 本日、田園都市線の朝ラッシュを初体験した! アイアイアイアイ!
posted by ('w') at 16:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン/アイディア etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。