2008年06月17日

Dの情熱

デザブロネット: Dの情熱

昨日の情熱大陸は皆さんご覧になったでしょうか?
勝手に心の師と思い込んでいるナガオカケンメイさん。かなり刺激いただきました。
「最近のデザイナーは完全に遊んでますよね。こんなの作っちゃいましたって。そういうの許せない」
と言い切るナガオカさんは相変わらず尖っててステキでした。あの笑顔の裏にある頑固さが垣間見えた瞬間でしたね。

僕も「許せない」とまでは言わないけど、最近デザインでときめくってことはなくなりました。(それがデザインをテーマにしたこのブログが止まってしまた最大の理由です)

ナガオカさんがやってることがデザインかどうかはわかんないけど、彼の一連の活動がデザインであるとすれば、やっぱデザインはステキだな〜とシミジミ思いました。今更ながら放送を見てロングライフデザイン=「残るべくして残ったモノ」という意味でのグッドデザインだと気づかされました。長い間使われてるんだから、長くつかわれる理由がある。「一過性でない」「ファッションでない」デザインにある存在意義を感じました。


情熱大陸でナガオカケンメイをやっていたそうです(ん、なんだこの日本語?)。

こういう番組はいい刺激を受けられるからよいですよね。

残るべくして残ったモノというのは、ウェブだとなかなか難しいっていうか、ありえるのだろうか?? 技術が変わりまくり、プロダクトとしても固定できないので、そういう視点だと、ありえない、となるのでしょうが、サービスとして残り続ける、という視点で見れば、ありえますよね。
残り続ける、使われ続けるためには、コアがしっかりしていて、かつ、ユーザーのニーズや環境の変化に合わせて一歩先を見据えながらタイミング良く変容し続けられると良いのでしょうな。


('w') - カメの水槽の水の入れ替えをしようとして、水槽を足に落として悶絶昇天モーニング。
posted by ('w') at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方/マインド etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100817738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。