2008年06月30日

ソーシャルメディアはいまだにβ版!?

ソーシャルメディアはいまだにβ版!?
http://japan.cnet.com/marketing/opt/story/0,3800087093,20376250,00.htm

eMarketerのデータによれば、全世界でのソーシャルメディア広告市場は2011年に82億ドルになると予測されており、今後の広告出稿量は増えると想定されています。

SNS市場検証

 では今後の日本のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)市場がどうなるのか。以下のように整理してみました。

 <ポジティブ要因>

動画共有サイト、SNS等への広告出稿量はいまだ増加傾向
PV数、会員数は微増
広告主の注目しているマーケティング手法に“CGMを活用する”は常に上位ランクイン
 <ネガティブ要因>

ブログ(SNSなど)開設数の鈍化
SNSサイト、動画共有サイトのユーザーの8割はROMユーザー(読むだけで書き込みをしないユーザー)
SNSに飽きだした消費者の存在(特に男性ユーザーが顕著)

mixiのPVは増えているが、利用デバイスはモバイルに移行
 上記のとおり、広告主、サプライヤー、 メディア側に起因したポジティブ要因はあるものの、ユーザーサイドにはネガティブ要因が多く、今後の課題は多いと思われます。


SNS などの状況を整理しています。
ユーザーは鈍化傾向や離れつつあるので、仕組みだけじゃなくてユーザーが欲するコンテンツの提供が重要だ、といってますが、う〜ん、それってソーシャルメディアじゃないんじゃない、という論調に受け取れます。

ソーシャルメディアなのであれば、コンテンツはユーザーが作るか、ユーザーが補完する度合いが高まらなければ意味がないわけで、ただコンテンツを増やしましょう、では、今までのポータル戦略となんら変わりがないのでは?

ユーザーが語り合いたいことに、うまくコンテンツを紐づけて連携させることは重要ですが、それだけでなくて、ユーザーがどういう事に対して語り合ったり情報を蓄積して共有したりしたいのか、そこのニッチな視点を体験に落として、仕組みをバランスよくつくることが必要でしょう。

最近、サイドスタンドというライダー専用の SNS というかブログサービスを発見しましたが、そこにバイク関連の情報をためたり発信したりしたいのに、とにかく基本的な UI がひどいことと、情報を逆にたくさん細分化していれないといけなくて、それが辛かったり、と、バランスがとれていなかったりしてました。気持ち的にはそこを使っていきたいと思ったのに、使うにはハードルが高すぎてダメでしたね。使いたいと思わせるニッチなテーマ選択は良かったんですが。


('w') - バタバタバタバタ。。。
posted by ('w') at 19:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SNS/ソーシャルウェブ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101884012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。