2008年07月01日

テレビの明日は「暗黒時代」?

テレビの明日は「暗黒時代」?
http://nobi.cocolog-nifty.com/nobilog2/2008/07/post_5983.html

Spiderについて。

前に書いたSpider Zeroの記事は、それなりに注目を集めたけれど、
読んだ人からよく受ける質問がある。
「それってソニーのType Xが先じゃないの?」というもの。

確かにただ録りだめするだけ、という製品はこれまでにもあったのだけれど、
SPIDERが、それらの機械と決定的に違うのは、番組1つ1つ、CMの1つ1つに、番組名はもちろん、出ている人や使われたBGMといったものまで、あらゆる情報がネット経由で提供される。
このため「この人が出ているテレビ番組」、「このアイテムの出てくるテレビ番組」と内容から見たい番組を探せること。

 これまでの全録が、ただ数十本のラベルの張られていないビデオテープに個々のチャンネルを録りだめしているだけの存在だとしたら、Spiderは、録画した番組1つ1つに、細かな検索しやすいタグを加えて、自分専用の動画共有サイトにアップしているような感覚。だから、見たい時に、見たい番組を、見たいだけ見られる。

 私の場合、時間ができてテレビの前に座るときというのは、おもしろい番組が1つもやっていない時間帯であることが多かった。それだけにSPIDERを使い始めてからは、リアルタイムの放送は、たまにニュースやテニスなどスポーツ系の番組をみるくらいで、滅多に見ず、いきなりSPIDER経由でテレビを視聴することが多い。

 SPIDERが、ただの全録の先にある進化であることは麻倉さんが非常にうまく語ってくれている。夏野さんの「SPIDERだと、テレビを見られるときに、1週間で次々に番組が流れていっている中から、一番いい番組だけをつまみ食いできる感覚が楽しいんです。」という言葉もSPIDERの魅力をうまく表していると思う。


Spider ってしってます?
最近やっと一般でも買えるようになったらしいのですが。
キャスターの小倉智昭さんが密かに昔から使ってたとかいうツールです。
テレビを1週間分全部録画できるだけでなく、ネット経由でテレビ番組のあらゆる情報を拾ってこれるらしく、テレビ番組を見る、という体験を本質から変えてしまうもの。

UXD してますな〜。

しかし、アナログ放送でしか、このテレビのコンテンツを開放したツールを利用することはできず、デジタル放送では利用者に不便な状態でテレビを享受するしかできなくなります。

アーメン。


('w') - そろそろ私用でオデカケ。
ラベル:UXD spider
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。