2008年07月25日

ウェブサイトという単語の認知度は 67.2 %(国語に関する世論調査より)

平成19年度「国語に関する世論調査」の結果の要点
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h19/yoten.html

3.外来語の認知度・理解度・使用度(問17)
→「コラボレーション」や情報化関連の語が大きく増加

○ 認知度(「聞いたこと,又は見たことがある」・全60語中)(数字は%)
14年度より増加した順 平成14年度 平成19年度 差
 コラボレーション     43.8       76.1  32.3
 ウェブサイト       38.1       67.2  29.1
 イノベーション      34.8       60.8  26.0

○ 意味の理解度(「分かる」「何となく分かる」の合計・全60語中)(数字は%)
14年度より増加した順 平成14年度 平成19年度 差
 コラボレーション     31.6       66.3  34.7
 インフラ         31.9       60.1  28.2
 ウェブサイト       31.9       59.4  27.5

○ 使用度(「使ったことがある」・全60語中)(数字は%)
14年度より増加した順 平成14年度 平成19年度 差
 ログイン         17.0       41.4  24.4
 コラボレーション     11.3       35.5  24.2
 ウェブサイト       16.2       38.4  22.2


この5年間で、「ウェブサイト」という単語の認知度はかなりあがっているようです。7割近い認知度ですね。
言葉として使ったことがある率は4割近い感じ。

「ホームページ」との差を知りたかったなぁ。あと、「ホームページ」をどういう意味合いでとらえているか、とか。
グローバルナビゲーション上のホームページへ戻る為のリンク要素に対しての「ホーム」というラベリングはどれだけ認知されているんだろう? とか。

ちなみに Google での件数差は、

 ウェブサイト の検索結果 約 2,540,000 件
 ホームページ の検索結果 約 203,000,000 件

だったりします。
桁が二つも違う(笑)。

ウェブサイトだと、Webサイトと書いているケースも多そうだけど。


('w') - 今日の暑さはヤバイっすねぇ〜!
posted by ('w') at 11:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103559816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。