2008年09月04日

『ペルソナ作って、それからどうするの?』棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計

『ペルソナ作って、それからどうするの?』棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計
http://www.dsp.co.jp/seminar_training/detail.php?id=89

10/18、25開催 全2日 10時間 10:00〜16:00


「ペルソナ」という言葉、サイト設計における時代のキーワードのように見聞きして気になってはいるものの、実務に持ち込んで活用するまでには至っていない。そんな方に向け、『ペルソナ作って、それからどうするの?』の著者、棚橋弘季氏がその意義や活用方法を解説。「ペルソナ」を導入する価値や具体的手法はもとより、その土台をなす“ユーザー中心”の考え方や設計プロセス、「ペルソナ作って、それからどうするか」までを直接指南。ワークショップを通じて、実務における実際の“頭”と“手”の動かし方を学習します。

対象

「ユーザー中心設計」をベースとしたWebサイト設計の考え方を理解し、その具体的手法を体験的に学習したい方
※Webサイト設計(サイトマップ・画面構成図の作成など)の実務経験をお持ちの方を対象としたカリキュラムです。

カリキュラム

[1日目]
■講義「イノベーションのためのユーザー中心デザインの方法」
■インタープリテーションセッションでユーザーの行動を分析する  
■仮想のユーザー像・ペルソナをつくる


[2日目]
■ペルソナの行動をシナリオに描き、デザインコンセプトを明確にする
■シナリオを実現するためのUIをデザインする
■ペーパープロトタイピング


イードの棚橋さんのユーザー中心設計に関するセミナーです。

二日間ですので、時間をとるのは難しいかもしれませんが、よさそうなのでぜひ。


('w') - 腹が減りました。。。いろいろバタバタ中。
この記事へのコメント
ペルソナ・シナリオ法はそろそろやらなくてはいけない雰囲気なんですね?

私も先日HI2008でお話を聞いてきました。まずはデータ集めからですね。

メールの返信ありがとうございました!
Posted by テキィ at 2008年09月04日 22:10
そろそろ、というよりも、やっているんだけれどもそれが本当にちゃんとペルソナとして意味のあるものになっているのか、シナリオなどからユーザーへの要件を導きだせているのか、など、「しっかりやれてるのか?」が大きな課題になっていると思います。

HI2008 での話は面白そうですね。
ヒューマンインターフェース学会の集まり、覗いてみたいです。
Posted by ('w') at 2008年09月08日 12:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106014007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。