2007年11月13日

Webで情報発信する人はWebでの消費行動も積極的

サイト上で情報発信する回答者による購入商品別インターネット利用率

Webで情報発信する人はWebでの消費行動も積極的
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/market-news/contents/column/column22-4.html

「Webブランド調査」は日経BPコンサルティングが2000年に開始したアンケート調査で、四半期に一度、企業が運営する800のWebサイトについてインターネット・ユーザーに評価を尋ねた結果をまとめている。現在では毎回4〜5万人のインターネット・ユーザーに参加していただいている。
週一度以上「SNSを利用する」、「ブログに書き込む」……
積極的に情報発信を行なうユーザーが増加

「Webブランド調査」では、インターネットの利用方法についても尋ねている。例えば、「あなたはインターネット上で以下のような情報発信をしていますか」という設問に対し、「自分のホームページへの書き込み」「自分のブログへの書き込み」「他人のブログへのコメント、トラックバック」「掲示板への書き込み」「SNSの利用」の5つについて、「ほぼ毎日ある」「週に一度以上ある」「週に一度未満だがある」「ほとんどない/持っていない」からそれぞれ選択するというものだ。
2007年7月〜8月に実施した「2007-IV調査」では、回答者全体の19.5%が「週一度以上SNSを利用する」、16.7%が「週一度以上自分のブログに書き込む」としており、情報発信ツールが普及していることが改めてうかがえる。
情報発信(=口コミ)する人は消費も活発

では、こうした情報発信ツールの利用とネット上での消費行動に相関はあるだろうか。図1は、週1度以上これらツールを利用しているユーザーがネット上でどのような消費行動を行なっているかを示したもので、最新で過去最多の4万9600人の回答を得た「2007-IV調査」の結果をもとにしている。


情報発信する人は消費も活発で、その評価をさらに情報発信するわけです。
なので、彼らの影響を無視することはできません。

どううまく彼らの情報発信サイクルと絡んでいくか。
彼らの情報発信をしやすい情報をうまく提供したり、彼らの理解をより深められるようにしたり、誤解を解けるようにしたり、楽しませたり。。。ということが重要でしょう。

('w') - 老人ランチとバイクトーク
posted by ('w') at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66277351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。