2007年11月29日

第4回オンラインショッピングに関する調査(下)〜目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%〜

オンラインショッピングに関する調査

第4回(下)〜目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%〜
http://www.e-research.biz/profile/proec/002614.html

Webマーケティングガイドでは、市場規模が拡大傾向にあるオンラインショッピングについて、ユーザーの購買行動や利用意識を明らかにしていく。
前回の「第4回オンラインショッピングに関する調査(中)」では平日と休日のオンラインショッピングの利用頻度や1回の購入額を調査したが、今回の調査(下)ではECサイトを訪れる際の目的の有無や商品に興味を持ったポイント、ECサイト内での商品の探し方、オンラインショッピングをする上での不満な点を調査した。
≪調査結果サマリー≫

目的を持ってECサイトを訪れるユーザーは42.5%、26.3%のユーザーは明確な目的を持たない

購入目的にはない商品に興味を持つポイントは、「お買い得だから」「画像に魅力を感じたから」「インターネット限定の販売だから」

決まったECサイト内で、商品を購入するユーザーは半数以下で45.1%


2/3 近くははっきりとした商品購入目的を持たずに EC サイトに来ているそうです。
彼らの詳細の来訪理由を知りたいですね。

購入目的はまだないが、検討段階の調べ物をしていて来た、とか、ブログなどで紹介されていたのを見てクリックしてやってきた、とか以外にもあると思いますが、それらにあわせたコンテンツなどを用意して、態度変容を促したいモノです。

細かい点では、

・近年、人気・有名モデルに販売商品である洋服を着させている女性向けECサイトをよく見かけるが、これも購買喚起の1つの方法だと考えられる。

・ECサイトの商品の種類を充実させると共に、検索エンジンで検索されるであろうことをあらかじめ想定したサイトまでの導線作りが必要だと言えるのではないだろうか。

・オンラインショッピングで購入目的ではない商品に対して、興味を持つポイントを尋ねたところ、「お買い得だから」が70.5%と圧倒的に多く、次いで「画像に魅力を感じたから」が30.9%、「インターネット限定の販売だから」が22.7%と続いた。

などなどの示唆が書かれていました。

('w') - 夕方はねむいのぉ〜
posted by ('w') at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。