2007年12月20日

CSS3 策定波瀾万丈

CSS WGは解散すべき? Opera vs MSで揺れるCSS3策定
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/12/19/020/index.html

Opera Softwareは13日(ノルウェー時間)、欧州委員会に対してMicrosoftがWebブラウザの選択を阻害していると苦情を申し立てた。IEのバンドルが競争を阻害する不正な行為であること、Web標準に従わないことはユーザにとって害であることなどが指摘されている。同社はすでに同様の指摘を受けているが、今回は苦情を出したOperaにとってもタイミングが悪いという指摘もされている。

次期CSS3の策定を進めているCSS Working Groupには20を超えるグループが参加している。有名どころを挙げるだけでもAdobe Systems、Apple、Google、HP、IBM、Microsoft、Mozilla、Opera、Sun Microsystemsなどだ。CSS3ではレンダリングを大きく改善する可能性を秘めているグリッドレイアウトが導入されるため、特にWebデザイナから注目をされている。しかもMicrosoftはIE8でグリッドレイアウトの機能を実装してくるのではないかとみられており、このタイミングでOperaがMicrosoftを非難することは、Microsoftが標準仕様に準拠していく流れを阻害することになるのではないかという懸念が広まっている。

そして問題はCSS Working GroupにMicrosoftとOperaの両社が参加していることだ。


ブラウザの Web 標準準拠は悲願。まさに悲願ですよ。。。
がんばって! プリーズ!


('w') - 今日はストラクチャワークショップ。
ラベル:CSS3 Opera W3C web標準 CSS
posted by ('w') at 13:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Web標準/HTML/CSS etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。
Posted by 100円エコPCマーケット at 2011年09月19日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。