2008年01月30日

限りなくスマートフォンに近いソフトバンクの新端末

922SH

限りなくスマートフォンに近いソフトバンクの新端末
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080129/292314/?ST=pc_news

多様なラインアップの中でひときわ存在感を放っていたのが、3月下旬発売予定のシャープ製の新コンセプト端末である「インターネットマシン 922SH」だ。横開きの折りたたみ型きょう体にQWERTY配列のキーボードと3.5型横長液晶ディスプレイ(854×480ドット)を搭載した端末である。シャープの電子手帳「Papyrus」と同様に、両手で持って親指でキー入力をする。形状と機能からするとスマートフォンに近い分類の製品だが、OSがWindows Mobileでないこと、適用となる通信料金がスマートフォン用ではなく一般の携帯電話用であることなどから、ソフトバンクモバイルでは922SHをスマートフォンではなく一般の携帯電話という扱いにしている。

 同製品の最大の特徴は、製品名が示す通りインターネット接続時の利便性だ。フルブラウザーを搭載し、さらにWebページ内のファイル容量制限を大幅に緩和。Webページ内に配置されたテキストや画像などの各ファイルが、それぞれ1MBを超えない限り読み込み可能としており、従来のフルブラウザーでは読み込めなかったWebページも閲覧できる。また、パケット定額制料金はスマートフォン向けの「PCサイトダイレクト」ではなく一般の携帯電話向けの「PCサイトブラウザ」が適用され、月額の上限額が5985円に抑えられる。


こ、これはいいかもしれない!
インターネットマシン、と銘打ってだしてくるところとか、久しぶりにシャープらしさをかんじますね。
モバイルウェブの世界はどんどん環境が変わってます。

そーいや、昔はこういう感じのテキストマシンを重宝して使ったモノですねぇ。。。なつかしい。

といいつつ、iPhone が国内ではどうなるかがはやく知りたいですね。


('w') - 今日はあったかいのぉ〜。バイク日和だよな。休日がこうなってほしいんだけど。
posted by ('w') at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81426776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。