2008年02月25日

Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)

Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待)
http://jp.techcrunch.com/archives/extend-your-brain-with-evernote-private-beta-invites/

誰もが溢れかえる情報を相手にしている。ウェブスタートアップの中でも特に役に立つのが、毎日われわれを襲う、この止まることのないデータ洪水の処理を手伝ってくれるサービス。Evernoteはそんなスタートアップの中のひとつ。EvernoteのWindowsバージョンが出てから何年かが過ぎたが、このたびウェブ版のプライベートベータを開始するほか、新しいWindowsクライアント、Windows MobileとPocketPC電話用それにモバイルウェブ版ののモバイルクライアントを提供開始する(Mac用クライアント、Java電話、iPhone、Andoroid電話用のモバイルクライアントは現在開発中)。TechCrunch読者の先着200名は、ここでサインアップすれば、3月の一般公開に先立って試してみることができる。

CEOのPhil Libinの言葉を借りれば、「Evernoteの本旨は外部に脳を持つこと」だそうだ。Evernoteを使うと、ウェブページの好きな部分を選択してクリップしたり、カメラ付携帯で撮った写真をPCやウェブに送ることができる。この「ノート」ひとつひとつがアーカイブされ、検索できるのだが、写真に写っている文字を(手書きであっても)検索することもできる。例えば「crazy milk sake」で検索すると、酒の瓶が表示されて「crazy」、「milk」、「sake」の部分が黄色くハイライトされる(ここでデモビデオが見られる)。


外部に拡張脳を持たせる、というイメージで作られたサービスとのことで、様々な形態のデータをクリップして保存し、それを検索することができるそうです。画像の中の手書き文字などもヒットするそうな。

攻殻機動隊とか、ペリー・ローダンのアトランの付帯脳みたいになるといいですなぁ。


('w') - バイクで伊豆の河津桜を観に行きたい。
posted by ('w') at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。