2008年03月19日

インターネットが最適化する、メディアの垣根を飛び越えるブランディングとは〜ビーコン コミュニケーションズが仕掛けるクロスメディア・マーケティングの実際〜

インターネットが最適化する、メディアの垣根を飛び越えるブランディングとは
〜ビーコン コミュニケーションズが仕掛けるクロスメディア・マーケティングの実際〜

http://www.academyhills.com/school/detail/online_biz22.html

2007年の日本におけるインターネット広告費は6003億円、前年比124%で雑誌を追い抜き、テレビ・新聞に次ぐ第3のメディアに成長しました(電通「日本の広告費」2008年2月発表)。企業がより効果的なマーケティング活動を行うため、マスマディアのみならずそれ以外のあらゆるメディアを組み合わせる手法:IMC(Integrated Marketing Communication)は、これまでも次世代型マーケティングのあり方として重要視されてきましたが、その中でインターネットが果たす役割は、近年さらに増してきたと言えるでしょう。

ビーコンコミュニケーションズは、IMC手法に基づいたクロスメディア・マーケティングを用いて多くのブランドを成功に導いた実績をお持ちです。今回ゲスト講師をつとめていただく渡辺英輝氏は、デジタル部門のインタラクティブ・クリエイティブディレクターとして、特にインターネットを効果的に活用したクロスメディア・マーケティングがご専門です。渡辺氏の豊富なご経験を元に、プロダクト・ブランディングにおける最新のクロスメディア・マーケティングの具体事例と、その仕掛け方の工夫について、じっくりお話を伺います。

講義項目(予定)

メディアの変化と消費者の変化
ブランディング広告手法の変遷
IMC型キャンペーン事例
クロスメディア・マーケティングの将来
(プレゼン60分、対談40分、質疑応答20分)

日時 3月25日(火)19:00〜21:00
受講料(税込) 一般:5,000円
定員 150名
※定員になり次第締め切らせていただきます
主催 アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6−10−1六本木ヒルズ森タワー49階)
※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


ビーコンの渡辺さんという、Nike+ とかブカツブログとかアリエール アイラブ困ったさんコンテストとかを手がけられた CD の方がスピーカーとしてくるそうです。
興味深い。。。


('w') - seminarshare ML より。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90128387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。