2008年05月23日

第3回企画展 三宅一生ディレクション「XXI c. ― 21世紀人」

第3回企画展 三宅一生ディレクション「XXI c. ― 21世紀人」
http://www.2121designsight.jp/schedule/index.html

第3回企画展 三宅一生ディレクション
「XXI c. ― 21世紀人」
2008年3月30日(日) 〜7月6日(日)

21_21 DESIGN SIGHT 第3回企画展のテーマは「21世紀人」です。かつて未来と呼ばれた21世紀に、いま、わたしたちはたくさんの問題とともに暮らしています。
ディレクターの三宅一生はさまざまなリサーチをおこない、想像力を働かせました。そして、誰もが感じている疑問や課題に向きあいながら新しい表現にとりくんでいる国内外の作家とともに展覧会をつくりあげます。
会場を訪れた人たちと一緒に考え、最後には希望を感じられる―そうした展覧会をめざしています。「XXIc.―21世紀人」展がこれからのものづくりや暮らしについて考えるひとつの「きっかけ」となればと願っています。


どんなリサーチをしたのか気になります。
内容も面白そうです。


ちなみに、7月中旬からは、「祈りの痕跡」という浅葉克己がディレクションする企画展が行われます。
文字から考える展示会のようです。


('w') - 今夜は首都高&ラーメンナイトクルーズにでも出かけるかぁ!?
ラベル:三宅一生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。