2007年11月27日

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid

Minute Park/ミニッツパーク Minute Maid
http://www.mmaid.jp/park/index.html

音楽は元ファンタスティック・プラスティック・マシーンの人がやってます。
自分の植物を育てたり、他の人の植物を応援したり。
ポジティブなコメントで育ちます。
着メロを集めたりとかもできます。

('w') - おぉ〜、もう日が落ちて真っ暗か。最近ははやいのぅ。。。
posted by ('w') at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

なりきりムーディ替え歌コンテスト

なりきりムーディ替え歌コンテスト

なりきりムーディ替え歌コンテスト
http://www.pizzapo-cp.jp/

ケータイから動画で替え歌を歌って投稿し、投稿した動画はシェアされる、というキャンペーン。

('w') - 今日は寒い!
posted by ('w') at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

週末だけのHondaホームページ

Hondaホームページ(週末版)

Hondaホームページ
http://www.honda.co.jp/top-weekend/

平日は一般的なコーポレートサイトホームにして、コーポレートサイトとしての目的や使いやすさやブランド表現などをメインとしているわけですが、週末はエンターテイメントや娯楽感を出し、ホンダを楽しんでもらうことでブランドコミュニケーションをはかるというホームにする、という、なかなかナイスなサイト構造を提供しています。
う〜ん、すばらしいアイディア。

この辺の考え方をきちんと深めていくと、平日と休日でのコーポレートサイトホームの使い方、というのが結構突き詰められそうですね。
タイムランディングホーム、という考え方かな?(造語してみた)

ウェブサイトには LPO 系の仕組みをもっと取り込んで行った方がよいと思う。

('w') - これからサイトストラクチャワークショップやるデス!
posted by ('w') at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

±0 kashitsuki.jp

±0 kashitsuki.jp

±0 kashitsuki.jp
±0 kashitsuki.jp

「ありそうでないもの」「センス・オブ・ユーモア」をコンセプトに本当に欲しかったモノ作りを目指すブランド。深澤直人をデザインディレクターに、テレビからノートまで、家電・雑貨を展開する ±0 の加湿器のサイトです。

ゆったりきもちいいテンポで丁寧な映像とナレーションで製品を説明してくれており、そこにブランドとしての世界観を感じることができます。

情報を伝えるテンポを考えること、そして映像やナレーションの中で世界観を表現すること、それらが重要なんですよね。

('w') - 夕方以降は空調が暑いのぅ。。。
posted by ('w') at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JT Roots "ルーツ飲んでゴー"

Roots 02

Roots 01

JT Roots "ルーツ飲んでゴー"
http://www.jt-roots.com/

缶コーヒーの Roots のサイトで、つぶやきを入力して曲をつくることができます。
作られた曲のなかで、よい作品は CM で使われるそうです。

サイトで作品を作ってそれを CM に、ということで、話題性もモチベーションも高まり、結構アクセス数も伸びているそうな。10倍ってすごいですね。

ミーも作ってみました。



どう?(笑)

これをやってみて思うのは、 CM に掲載されるという期待感と作ってみたら結構楽しかった! という満足感があるということ。
ユーザーリアクションとして単純にそういう感情が生まれるサイトだというのがうまいですね。
また、それをそつなくブログにアップしたり友達に知らせたり CM に応募できたりするので、満足感をシェアすることで、感情が完結できたり、期待感が持続したりするわけです。

この辺が、バイラルとして成功する単純な秘訣なんだろうなぁと思います。
ウェブ側から、うまく CM というマスの力を活用してますね。

関連記事↓
缶コーヒー「ルーツ」、Webで消費者の“つぶやき”集めてテレビCMに
http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/550865.html

日本たばこ産業(JT)は、缶コーヒー「ルーツ」の宣伝で、Webサイトに投稿された消費者の日常生活の“つぶやき”から“歌”を自動生成し、テレビCMとして放送するキャンペーンを始めた。
消費者が、JTのWebサイト「歌え!ルーツ飲んでゴー」で、曲調やシーンなどを選び、文字で言葉を入力すると、音声合成技術による歌が作れる。JTは10月1〜22日に第1回目の募集を行っており、期間中に応募された3300作品から上位5作品を選び、11月11〜17日にテレビCMで放送する。第2回の募集は10月22日に始めており、12月2日まで受け付ける。
キャンペーンサイトでの楽曲制作数は10月1日の開設以来6万件を超え、平均で1分に1曲を上回るペースで曲が作られたことになる。出来上がる楽曲の高い完成度と、テレビCMに自分のつぶやきが使われるという期待感から、ブログを中心にクチコミで話題になったとJTはみている。JTによれば同サイトのアクセス数はキャンペーン開始前と比べ10倍近くに増えたという。


('w') - ミーの Gmail はいつになったら 2.0 になるのだろう??
posted by ('w') at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こもろ まちかど情報MAP KOMO NAVI[こもナビ]

こもナビ

こもろ まちかど情報MAP KOMO NAVI[こもナビ]
http://komonavi.jp/index.php

小諸市が地域振興のために、Google Maps やケーブルテレビの動画コンテンツを融合した地域マップサイトを立ち上げています。
ツーリングに行くときに、その目的地周辺の情報を包括的に閲覧したい、と思うわけですが、意外とそういう情報サイトってありません。

こうやって各地域で立ち上げていくことが増えていく動きが増えそうですね。
ただ、立ち上げたり維持したりするのは難しそうですけど。。。広告費とかとっても、たいした額じゃないだろうし。
街より、県とかある地方レベルで融合してやっていった方がやりやすい気はします。

あと、ユーザー側のツーリングレポや旅行のブログや写真のオンラインデータ、ムービーのオンラインデータなどを簡単に連動できるようにしてくれないと、結局つかえない情報しかないよ、ってことになりそうですね。
地図ログとかのサービスとどう棲み分けして、公式データとして使いやすくするか。。。公式データ+アルファで CGM とどう連動するか。。。その辺をしっかりとらえて、ホントにつかえるサイトにすることで、地域振興が実際に起こるように盛り上げてもらいたいものです。

関連記事↓

ネットで地域振興を - 国内初の本格地図情報サイト"こもナビ"公開
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/11/06/komonavi/index.html

商店街、そして観光産業の活性化をめざして

小諸市関係者が協同で立ち上げた地図情報サイト「こもナビ」。地図情報部分にはGoogle Mapsが使用されている
小諸商工会議所、小諸市観光協会、コミュニティテレビこもろ、関西マルチメディアサービス、アットネットホームは、11月1日より小諸市の映像を多数含む地図情報サイト「こもナビ」を公開した。

こもナビは、各団体の連携により、インターネット上に小諸市の観光、グルメ、名産、商店街など200本以上(予定)の映像を含むエリア地図を構築し、小諸市の魅力を市の内外にPRする地域特化型サービス。200本もの映像と連動した本格的特定エリア地図の提供は、国内初の試みとなる。コミュニティテレビこもろを中心に、地域一丸となり小諸市の商店街活性化と観光の活性化を目指す予定だ。


('w') - 昨夜は品川のホテルで会食。夜景が非常にキレイだった。ごちそうさまでした。
posted by ('w') at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ポラメル-親子を結ぶコミュニケーションマガジン-

森の戦士ボノロン

ポラメル-親子を結ぶコミュニケーションマガジン-
http://anime.goo.ne.jp/polamelu/pc/

え〜、森の戦士ボノロンというのが中心となっていて、絵本やアニメになるらしいですが。


ボノロンを描いているのは、原哲夫大先生です。
ホアタ!

('w') - なんか暑い〜。
タグ:原哲夫
posted by ('w') at 18:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。