2007年11月08日

生活総研「子供の生活10年変化」〜キッズ向けブログサービスの可能性

生活総研「子供の生活10年変化」〜キッズ向けブログサービスの可能性
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20071106/286530/?P=1

先日,博報堂生活総合研究所(以下,生活総研)の研究提言発表会「INSIGHT OUT」で,上席研究員の吉川昌孝さんと山本貴代さんの素晴らしい発表をお聴きました。テーマは「子供の生活10年変化」,サブタイトルには「暮らしの『3点確保』に向かうアフターバブル・キッズ」とあります。

 この研究は,10歳〜15歳(小学5年生〜中学3年生)の子供たちにスポットを当て,この10年間で生活意識や行動様式がどのように変わったかを把握するものです。生活総研が10年前と直近に行った子供・大人向け調査をもとに,1)97年と07年の2時点を比較,2)大人と子供を比較,3)子供の内面を把握して,アフターバブル・キッズの暮らしを浮き彫りにしました。失われた10年は,日本の子供たちをどう変えたのでしょうか。

 その研究発表の結果は,予想を良い意味で裏切り,日本の未来に「ほのかな希望」を感じさせるものでした。その一方で,これまでの商品・サービス企画やマーケティングでは通用しない「厳しさ」も明らかになりました。

 しかし,提言を見れば,アフターバブル・キッズ向けの「ブログを中心としたICT(Information and Communication Technology)サービス」と「そのコミュニティに密着したマーケティング」に大きな可能性が見え隠れしました。まさにアフターバブル・キッズこそ「ブログ道」を歩む未来の担い手だと感じたのです。


子供の生活状況についての研究結果です。
子供向けコンテンツの企画などの参考にどうぞ。

関連記事↓
「子供向けサイト」が増えるオトナの事情
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20071025/285471/

('w') - 今日は社内でサイトストラクチャを考えるワークショップの1回目を行うデス!
posted by ('w') at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。