2008年06月13日

IA Meeting 03

ぐおー、なんか忙しくって全然アップしてませんでした。スイマセン。

昨日、IA Meeting の3回目が行われましたので、そのときのメモをシェアします。
メイントピックとしては、それぞれのタスクフォースにおいて、どのようなことをするのか、アイディアの共有と実際に進めるものの話などをしました。

インプットTFでは、はてぶやはてなRSSを使って、さまざまな情報ソースを集めようという動きがあるので、みんなにもネタを集めてもらう協力依頼がありました。

ネットワークTFでは、外部パートナーを整理しなおして、特にIAにとってどういう人たちがどういう形で必要なのかをリスト化し、実績や状況なども入れていこう、なのでみんなもIAパートナーリストグループ(http://ngc-ia.grouptube.jp/group/10)に入って、どんどんリストを追加してください、という協力依頼がありました。

ワークショップTFでは、ユーザビリティテストや人間観察的な方向でワークショップをやるという話がありました。また、IA関連の本を翻訳して、それを元にディスカッションしよう、という話がでており、どんな本や記事がいいか、ネタをみなさんからあつめたい、という協力依頼がありました。

アウトプットTFでは、社内外にたいしてどのようなアウトプットをしていくか、という話があり、社内的には教育やIAリスト的なものを、社外的にはまずは外部活動としてつてなどを教えてほしい、という協力依頼がありました。

あとは、本日はコンセントの長谷川くんのところでIASummit2008報告会(http://iaaj.org/2008/05/07/ia-summit-08-redux/)やIA Cocktail party(http://iaaj.org/2008/05/21/ia_cafe_open/)がある、とか、CSSNite (http://cssnite.jp/)とかアックゼロヨンシンポジウム(http://www.w2c.jp/Seminar/2008/june/13_day/)とかいろいろ重なってるね、というお話。
ちなみに、Bookslopeくん、Sさん、('w') はIASummit報告会&カクテルパーティへ。にがちゃんはアックゼロヨンにいくそうです。


以下、メモです。>> 続キヲ読ム
posted by ('w') at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インフォメーションアーキテクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

デザインに関する意識調査

デザインに関する意識調査
http://www.jidpo.or.jp/activity/research/0805/index.html

日本唯一の総合的デザインプロモーション機関である財団法人日本産業デザイン振興会(東京都港区、会長岡村正)は、インターネット・アンケート・サービス「gooリサーチ」を運営するNTTレゾナント株式会社の協力を得て、現代社会における生活者のデザインに関する意識を様々な角度から把握するために共同調査を行っています。第2回はどのような企業がデザインの力・パワーが備わっているかに関し生活者がどう考えているのかを「企業のデザイン力」という視点でランキング調査を実施し、以下のような結果を得ました。
(2008年4月実査、回答者数は1,060名)。

■第2回調査結果のポイント

1. 純粋想起・助成想起ともに、ソニー、アップルの2社が圧倒、次いでトヨタが3位
2. デザイン力がブランドロイヤリティー向上や、企業価値アップに大きく寄与
3. デザイン力の訴求には「シンプル・斬新・ユニーク・印象」が必須要素。
  またコミュニケーション活動も重要


純粋想起は「「デザインの力」がとてもあると思う企業名を3つまで自由に記述してもらう」方法(なにもなしに思いついてもらう)、助成想起は「国内外の企業127社の社名を業種別でなく五十音順で先に例示し「デザインの力」が強い・高いと思うものを上から順に5つ選んでもらう」方法(なにか設問やリストを出して、それを元に考えてもらう)だそうです。

トヨタがデザイン力で3位かぁ。
個人的には意外。

デザインの力がある、と感じるのはプロダクトそのものだけではなく、「デザインのパワー浸透には製品・サービスのアイデンティティと一体となった表現力の高いコミュニケーション活動が大きく影響していることがわかる。」という点も重要で、CMとか広告というだけでなく、ウェブサイトや店舗、対応サービスなども含めて影響してくるのでしょう。


('w') - やっぱアルファとかは出てこないか。。。一般的にはそんなものだよね。
posted by ('w') at 16:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査/分析/データ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Windows 7』デモを記者が辛口レビュー


Video: Multi-Touch in Windows 7

『Windows 7』デモを記者が辛口レビュー
http://wiredvision.jp/news/200805/2008052922.html

Walt Mossberg氏が開催した『D: All Things Digital』カンファレンスで、米Microsoft社のBill Gates会長とSteve Ballmer最高経営責任者(CEO)は、次期オペレーティング・システム(OS)『Windows 7』のほんの一部を紹介した。
手短かに説明すると、Windows 7は『Windows Vista』に新しいマルチタッチの衣装を着せたような感じだ。もっと詳しく説明してほしいって? 残念ながら、それはできそうもない。
カンファレンスでデモが行なわれた、「新機能」のほぼすべてが含まれている上の動画を見ると、既視感を禁じえないだろう。実のところWindowsチームは、インスピレーションの焦点を、『Mac OS X』から『iPhone』OSに切り替えたようだ。
マルチタッチは最大の追加機能で、システム全体に登場し、どこでも使用できる。デモに使用されている画面は米Tyco Electronics社製で、同社の『Elo TouchSystems』はすでに売店のハードウェアで使用されている。


マルチタッチなインターフェースになった Windows 7 。
iPhone とか、手元で使う機器でのマルチタッチは合っていると思うけれど、そうではないパーソナルコンピューターでのマルチタッチって、それほど必要性は高くない気もする。モニタが机の上に寝ているのならいざ知らず。起きているモニタに対して手を伸ばして操作するのって、結構疲れるんじゃないかなぁ、とか思ったり。

まぁ使ったことないので分からないんですけど。


('w') - もう梅雨じゃないのこれは?
posted by ('w') at 16:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ/ガジェット etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ジョブズの頭の中

ジョブズの頭の中
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/ee22ecd32ef1eb7943165c11673dfc22

「アップルには戦略チームというものがないんだ。マーケティングリサーチの予算もない」と同社のエヴァンジェリストだったガイ・カワサキはいう。「アップルの企業戦略は、ジョブズの右脳で発想されて、左脳で処理されるんだよ」。

アップルは、多くの雑誌で「世界一イノベーティブな企業」とされている。イノベーションこそ「成長力」の源泉だと考える日本政府や企業にとっては、その秘訣が知りたいところだろうが、「どうやってイノベーションを生み出すのか?」という質問に対するジョブズの答は次のようなものだ:

No. We consciously think about making great products. We don't think, "Let's be innovative!" [...] Trying to systematize innovation is like somebody who's not cool trying to be cool. It's painful to watch Michael Dell trying to dance. (p.177)


で、コメント欄に、

エキサイトの翻訳 (ヒマジン)

2008-05-28 14:30:51

いいえ。私たちは、すばらしい製品を作ることを意識して考えます。 私たちは、「革新的にしましょう!」と思いません。革新を体系化しようとするのはクールになろうとするクールでない人に似ています。 マイケル・デルが踊ろうとしているのを見るのは苦痛です。

なんと、これ全部エキサイトの翻訳です。ここまで訳せるとは!(Google翻訳ではまだ意味不明でした)


とあり、

Yahoo!翻訳では・・・ (GNJ_G頑張ろう、N日本の、J人材!)

2008-05-28 16:43:48

Yahoo!翻訳では、下の一節の最後のみ「買い」でした(笑)。

マイケルデルが踊ろうとしているのを見ることは痛いです。


こんな落ちまで付いてました(笑)。

落ちはさておき、「イノベーティブにしよう!」とは考えない、そういうことを体系的にしようとするのは... という部分、我々も間違いたくないモノです。ただ単純に、素晴らしいモノを作ろうとする、それを考えれば良くて、新しい価値とか革新とかは、それに後から付いてくるものなのでしょう。最初から「新しい価値を作ろう」とがんばって考えるのは本末転倒になる。

踊るマイケル・デル、ってなんかいいな。ある種分かりやすい。。。


('w') - さとさんのブログからクリップ。
posted by ('w') at 11:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方/マインド etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Adobe AIR コンテスト - Adobe events

Adobe AIR コンテスト - Adobe events
http://www.info-event.jp/adobe/air/

Adobe® AIR® アプリケーション制作にチャレンジする次世代リーダーを発掘することを目的に、コンテストを実施します。今ある Web 制作スキル、アプリケーション開発スキルを生かして、ブラウザを越えた表現の可能性を追求する方からの多くの募集を期待いたします。

お送りいただいた AIR アプリケーションは厳選な審査をさせていただき、優秀作品は 6月19日(木) 開催する AIR コンテスト授賞式 にて表彰予定です。優秀作品には、トロフィー授与とともに Adobe MAX Japan での講演権などもご用意させていただきます。この機会にぜひご応募して、初代 Adobe AIR 大賞の栄冠を勝ち取ってください。


まだ申し込めるようです。
来週金曜 6/6 までだそうな。

どんな作品が集まってるんでしょうね。

審査員はこんな面々です。

---

 株式会社ワンパク 阿部 淳也氏
 株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ 鈴木 拓生氏
 株式会社スイッチ 鷹野 雅弘氏
 シーネットネットワークスジャパン株式会社 西田 隆一氏
 株式会社 毎日コミュニケーションズ 出版事業本部
  Web Designing 編集長 馬場 静樹氏
 電通国際情報サービス 開発技術センター ひがやすを氏
 Web Site Expert編集長兼gihyo.jpコンテンツディレクター
  株式会社技術評論社 馮 富久氏
 株式会社クスール 松村 慎氏
 クラスメソッド株式会社 横田 聡氏
 ビーコン コミュニケーションズ株式会社 渡辺 英輝氏

---

('w') - もう梅雨なのかなぁ??
タグ:AIR adobe

Googleで言葉の壁を越える

Googleで言葉の壁を越える
http://nobi.cocolog-nifty.com/nobilog2/2008/05/google_3636.html

新しいレンズを買うしかないと思って、ずっとamazonを探していた。
 カメラはあまり詳しくないので、とりあえず自分のカメラで使えそうなレンズで、自分でも買える手頃なものを「ほしいものリスト」に加えたり、「新しいタブ」で開いたりして比べていた。
 Amazonにあげてあるスペックだけでは、どのくらいきれいに撮れるのかがわからないので、製品名をコピーして、さらにGoogle検索をかける。
 でも、日本語検索だと、販売ページばかりが上位にひっかかって、なかなかレビュー記事が見つからない。

 そんな時、検索結果のページを一番下までスクロールしてみると、こんな文言が表示されていることに気がついた。
「英語のページの検索結果を日本語に翻訳して見る: シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン用 (Sigma 70-300mm F4-5.6 DG MACRO for Canon)」

なんだろうと、思ってクリックをしてみると、同じ製品をレビューした英語の記事の検索結果が次々と出てくるではないか!
 私の場合、英語なら問題なく読めるので、翻訳記事に頼る必要はなかったが、それにしても日本語で検索して英語の翻訳記事がでてくるのはうれしい。
(でも、これってこのフォーマットではなかったけれど、もしかしたら、これまでの検索でも、普通に検索結果としてひっかかっていたかも知れない。そもそもGoogleは、アナウンスなしに、いつのまにか搭載されている機能も多く、フォローしていくのが大変だ。ただ、私に、以下の「気づき」を与えてくれたという意味を含めて、そのことは無視して書き続ける)。

 別に売っているのは同じものだし、日本語のレビュー記事がなければ、英語の記事を読めばそれですむこと。かくして私の問題は解決。

 私の頭のどこかに「日本で買うので、日本語の記事を探さなければならない」という発想があった(それに加えて、カメラに詳しくないので、このレンズが海外でも売っているものか知らなかったというのもある)。
 その発想の壁をGoogleが超えてくれた瞬間だ。


Google の翻訳が最近新しく変わっていましたが、検索結果にこんな機能も付いていたのですね。
言葉の壁はどんどんなくなり、いろいろな情報にアクセスしやすくなることで、また世界が変わっていく。。。

ちょっとしたことかも知れないけれど、人びとの生活上の発想を変えてくれることはインパクトが大きいですな。

そういえば、Google といえばこんなモノも。

Google マップにmixiアイコンが追加
http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=192

Google マップで検索し、このページのリンクをクリックすると、別のサービスに埋込むに、mixiアイコンが表示されるようになってました。


Safari でもだしてちょ。


('w') - 画面右のカテゴリのリスト、あたらしいカテゴリがブログを再構築しても出ないのはなぜだろう。。。困った。
タグ:mixi 翻訳 google
posted by ('w') at 11:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン/アイディア etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

iPod touch で Google がますます便利に使えるようになりました


iPod touch で Google がますます便利に使えるようになりました
http://googlejapan.blogspot.com/2008/05/ipod-touch-google.html

アップル社の iPod touch / iPhone に最適化された各種 Google サービスが、日本語でご利用いただけるようになりました。iPod touch に搭載された Safari ブラウザの特長 ( タッチスクリーン、デスクトップ向けブラウザ並の高機能 ) が最大限に活用されたインターフェースになっていて、より快適に Google サービスをお使いいただけます。

<中略>

日本の携帯で一般的な、「カーソルキー+決定ボタン」を使ったウェブブラウジングとは違った、近未来的な操作性を是非お試しください。


近未来的な操作性による Google サービス利用。。。

チョー気になります!

tarox さんに触らせてもらおうかな。。。


('w') - iPhone はまだでないのかのぅ。。。
タグ:google
posted by ('w') at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

モバイルなワークショップ0回目のメモ

社内のナレッジシェアで、グループ会社のモバイルな会社の方などに、定期的にモバイルに関する知見をシェアしていただく会を始めました。その初回ということで、まずは予備知識をみんなで持ちましょう、というシェアのメモです。

---

■数字で見る携帯電話

・4月時点で1億台越えている

・アクセスシェア(2008年1月)
 docomo 57.7%
 au 33.2%
 softbank 9.1%

・1日の携帯ウェブ利用

 30分以上使っていたりする

 お昼も多いけれど、15 時、22時以降も多い

・コンテンツの利用頻度

 週5回以上コンテンツを利用している

 意外と30代40代の女性が使っている
 若者だけでなく。


 従来では 10 代〜 20 代がモバイルサイトのメインユーザーといわれてきたが、今後は 30 代 40 代の女性も増えてくると思う。


■携帯電話端末

・インターネットマシン、SH905i (十字キーだけじゃなくて、マウスのように画面上でポインタを動かせるタッチデバイスがある)

・Web ブラウザ操作時の基本キーアサインは docomo と au が一緒で、Softbank は違う

・Docomo 906i から無線 LAN が搭載される

・よく使用する機能はカメラ、赤外線、QRコード、ワンセグ...

・フルブラウザ利用率は全体ユーザーの2割

 デメリット:十字キーしか使えない
       ディスプレイが小さい
       画面が縦でつらい
       遅い
       パケット定額が適用されない(フルブラウザ対応の追加定額プランが導入され始めた)
       スクロールバーがない( au だとある)
       なんか使いづらい

 906i はフルブラウザ機能が大幅強化されるようになる
 flash 8 、youtube 、WMV の再生に対応、無線 LAN 対応
 フルブラウザで見るのが快適になりそう

 携帯電話を持つ全てのユーザーに対して、一律の体験を提供することは不可能


■携帯コンテンツ

・デコメ
 デコメ絵文字、デコメテンプレート

 デコメ使ってる人、うちは全然いない。。。(女性二人だけ)


・携帯小説

 映画化したり、本になったり。。。

  1画面サイズ上の表示文字数による制約がある
  (→修飾語を減らすなど、文章表現の抑制がされている)

  登場人物の会話や台詞の多用

  など

・着メロ着うた着うたフル

 着うたフルは着メロとして設定できない
 着メロはどんどん利用率は下がっている
 その代わり着うたが上がっている
 着うたフルも徐々に浸透してきている

 着うたを販売している会社はあまり儲かっていない


・動画

 パケット定額制が普及して、動画の閲覧も普及し始めている


 数年前まで着メロ、待受だらけだったケータイコンテンツの幅が広がっている


■モバイルサイト実装

・Docomo では外部 CSS 使えない

サウンドファイルやムービーファイルの形式はバラバラ

 JavaScriptつかえない

 1ページあたりの容量も少ない

 待ち受けの配信をするさいは、画面サイズにあわせてかなりの数をつくらないといけない。

 それぞれに対応してつくるのは大変


■モバゲータウン


・会員数 1000 万人越えた。
 いまでは、20代30代も増えてきている。
 1日のページビューは6億を超えた。

 ゲームで引き入れ、SNS で囲い込む+アバターの魅力


・コミュニティ
  サークル(サークルの木を育てる。どうして育つのかわからないのが魅力らしい)
  マイページ
  日記(一行日記みたいに使われてる。Twitter みたいな)
  マイルーム(友達を招待したり、家具をそろえたり)
  タウン機能(現実の地図の上に架空の家を持つ。あまりはやってない)
  質問広場(宿題をここで教え合うのが一番人気)


・ゲーム


・ニュース、ショッピング、着メロ・着うた、デコメ、動画、クリエーター投稿


・アバター

 アバターがすべてのコンテンツでの中心になっている
 神アバターとよばれているめちゃめちゃカスタマイズしたアバターなどもいる
 モバゴールドを獲得したり、モバゴールドを購入して、モバゴールドでアイテムを買ったりする

 集英社などとタイアップしたアバター(悟空など)


・企業キャンペーン
 ユニクロ、 24 時間テレビなど...

---


('w') - しかし、同僚のインターネットマシンをさわらせてもらったら、ケータイサイトを見るには実に厳しく(特に Flash なサイト)、かなり特殊な端末になっていることが分かった。かなり衝撃的だったっす。

iPodとナイキのシューズでランニング情報を共有! その先には健康管理があった

Yahoo! JAPAN PR企画 - Nike+

iPodとナイキのシューズでランニング情報を共有! その先には健康管理があった
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080522/1012366/

「iPod」とナイキのシューズを使ったランニングがWebで結びつく「Nike+(ナイキプラス)」に人気が集まっている。

 5月19日から、ヤフージャパンとナイキがコラボした「Nike+ RUN CARNIVAL 2008」が、特設ポータルサイトでスタートしている(6月30日まで)。ひと目見た感じでは、「Yahoo!Japan」のトップページをナイキの広告にしたような印象だが、「Nike+」の情報が提供されているのがポイントだ。

 「Nike+」とはどういうものなのかを簡単に紹介しておこう。これは、「Nike+iPodスポーツキット」と呼ばれる装置をiPodとナイキのシューズの双方に装着してランニングをすると、その記録がすべてiPodから「iTunes」を介して「Nike+」の専用サイトに送信され、走行距離や時間が管理できるようになるというものだ。

 見た目はiPodで音楽を聴きながらランニングしているだけだが、走行中に「あと2キロです」といった音声ガイダンスが流れたり、現在の走行速度や距離などを確認したりすることもできる。

 また、Web上では、ランニングスケジュールを組み立てることも可能。さらに、各種のランニングの情報をほかの登録メンバーと共有することもできるため、たとえて言うなら、「東京マラソン」のような大きなマラソン大会をWeb上で仮想的に実現できる。実際、ナイキが設定したいくつかのイベントに参加すると認証がもらえるし、そうした結果や毎日のランニング記録をブログで公開する人も増えてきている。



Nike+ 、やってる人います?
結構興味あるんですが、iPod 持ってないのでやってません。。。
iPod 買ってやってみようかなぁ。
仮想のマラソン大会に出れるなど、本当にランニングという体験を拡張していると思います。
3D なメタバースにはなっていませんが、現実体験と仮想体験を連動させて、意味のある世界を作り出せているのではないでしょうか?>実際やってる人の意見が知りたい。。。(はやってる、って、ほんとかなぁ?)

Yahoo! JAPAN PR企画 - Nike+
http://nikeplus.www.yahoo.co.jp/


そして Google Health。

Google Health

Google Health
https://www.google.com/health/

健康状態を管理するということで、これぞ身体ログ、という感じですな。
今後、保険会社とかとくっついたり医療機関とくっついたりしていくのだと思いますが、便利なような、怖いような。。。
ホント、将来プライバシーというものの考え方が今とは相当変わる気がします。


('w') - 今晩は丘の湯に出撃予定。
posted by ('w') at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Facebook,外部サイトでとった自分の行動が「Mini-Feed」で配信可能に

Facebook,外部サイトでとった自分の行動が「Mini-Feed」で配信可能に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080526/304025/

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を手がける米Facebook製品マネージャのPeter X. Deng氏は公式ブログへの投稿で米国時間2008年5月23日,「Facebook」ユーザーの更新情報を提供する機能「Mini-Feed」で,そのユーザーが外部Webサイトでとった行動の内容を配信できるようにしたことを明らかにした。

 Mini-Feedは,ユーザーのプロファイル・ページに,そのユーザー自身の更新情報を掲載する機能。Facebook用アカウントと外部Webサイトのアカウントを連動させることで,ユーザーがビデオ共有サイト「YouTube」や写真共有サイト「Flickr」「Picasa」,ソーシャル・ニュース/ブックマーク・サイト「Digg」「del.icio.us」,音楽SNS「Last.fm」,オンラインRSSリーダー「Google Reader」といったサービスでとった行動を,自動的にMini-Feed経由で友人などに通知できる。ブログのURLを登録すると,ブログの更新情報も配信可能。


バラバラになっているオンラインの行動を集約していくことで、Facebook が基点となるようにしていくわけですね。
オンラインのライフログが自動的にとれる時代になってきました。


('w') - Facebook 日本語版、よーできてるが、いまいちピンと来てないところもあり。
タグ:Facebook
posted by ('w') at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SNS/ソーシャルウェブ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。