2008年05月23日

今までのマーケティング概念は通用しない!モバイルサイトの戦略的活用法

本日、会社のセミナーでモバイルに関してのパネルディスカッションをさせていただきました。


今までのマーケティング概念は通用しない!モバイルサイトの戦略的活用法〜インフォメーションアーキテクトによるパネルディスカッション同時開催〜

http://www.netyear.net/seminar_knowledge/seminar/2008/20080523.html

急成長するモバイル市場で、マーケティングの概念を変える存在を無視できるのか?インタラクティブなモバイルの特徴を活かし、狙ったユーザーをピンポイントで即購買意欲、行動促進に導くモバイルマーケティングの最適化を説きます。今こそ企業はどう活用していくか?最新動向と展望をネットイヤーグループが徹底解剖!モバイルを無視できない市場とわかっていても、どこから手を出していいかわからない企業のマーケッター必見です。

パネルディスカッションでは、当社のモバイルとPCのサイト設計のプロフェッショナルであるインフォメーションアーキテクトをパネリストに迎え、PCとの違いを考えながら、モバイルサイトの戦略的設計や今後のモバイルサイトのあるべき姿について探ります。


パネルディスカッションは初めてだったのですが、やっぱり普段セミナーでスライドをベースにしゃべるのとは全然違いますね。パネルディスカッションらしいものになったのかはよく分かりませんが、おおむね、なんとかカタチにはなったと思います。。。(汗)

私は、

・最近ホントにケータイサイト使いまくってる

・田園都市線で地下に入る前に、mixi とかのページを開きまくっておいて、キャッシュで履歴見たりしてる

・利用シーンによって、同じ機能でも使い方、行為そのものが違ってくる

・Yahoo! モバイルの路線情報がリニューアルしたが、自分にとっては使いにくくなった。友達は使いやすくなったという。

・どういう利用の仕方が多いのかを見極めないと、大勢にあう UI にならない。

・いろいろな利用がある機能に対して同じような度合いであるのであれば、UIもそれぞれ別個に用意すべき。

・Twitter なんかは API を公開していろいろな人がいろいろな UI をもったアプリなどをつくれている。MovaTwitter の方が使いやすいので公式のモバイルよりそっちを使っている。さらに、MovaTwitter の省エネ版の方が自分には合っているので最近はもっぱらそっち。

・PCよりも細かくユーザーの行為をみて、デザインしないといけないポイントが多いだろう。

・リアルの場の価値を引き上げられる可能性があるのがケータイサイト。
 リアルの場でのユーザーの体験を様々な方法で変えていくことができる。
 ケータイサイトはそこがおもしろいだろう。

とかそんな話をしました。

相方となった tarox さんは、Mapii とか携帯の RIA な RSS リーダー ECRealReader などを紹介したり、メタバースとリアルの場のつながりと非同期コミュニケーションの話をしたり、果ては RD 潜脳調査室にでてくるケータイの姿をだしたりしていました。ウィルコムが協力しているらしいですね。

一応、お客様のアンケートはよい反応が多かったみたいでよかったのですが、実際はどうだったのでしょうね。
とにかく、寝ないで見てくれてたのでホッとしました。
意味のある時間が作れていたらよいのですが。。。


('w') - パネラーやるひとってすごいですねぇ。。。ほんと難しいと思った。モデレーターのおかげで、なんとか、ですな。

エキサイト × MOBILE ART IN TOKYO

080523_002_400.jpg

エキサイト × MOBILE ART IN TOKYO
http://mobileart.excite.co.jp/index.html

Chanel Mobile Art
http://www.chanel-mobileart.com/

Chanel が2年間をかけて世界中を移動しながら行っているアートプロジェクトだそうです。

ザハ・ハディドさんが設計したパビリオンをそのまま移動させて巡回しているようで、そういう観点からモバイルということだそうです。

無料らしいですが、予約用のチケットを手に入れる必要があり、手数料がかかるケースがあるみたいです。

代々木公園っちゅーことで、行きやすいし、行ってみたいなぁ。


('w') - にがちゃんに教えてもらいました。
タグ:シャネル

第3回企画展 三宅一生ディレクション「XXI c. ― 21世紀人」

第3回企画展 三宅一生ディレクション「XXI c. ― 21世紀人」
http://www.2121designsight.jp/schedule/index.html

第3回企画展 三宅一生ディレクション
「XXI c. ― 21世紀人」
2008年3月30日(日) 〜7月6日(日)

21_21 DESIGN SIGHT 第3回企画展のテーマは「21世紀人」です。かつて未来と呼ばれた21世紀に、いま、わたしたちはたくさんの問題とともに暮らしています。
ディレクターの三宅一生はさまざまなリサーチをおこない、想像力を働かせました。そして、誰もが感じている疑問や課題に向きあいながら新しい表現にとりくんでいる国内外の作家とともに展覧会をつくりあげます。
会場を訪れた人たちと一緒に考え、最後には希望を感じられる―そうした展覧会をめざしています。「XXIc.―21世紀人」展がこれからのものづくりや暮らしについて考えるひとつの「きっかけ」となればと願っています。


どんなリサーチをしたのか気になります。
内容も面白そうです。


ちなみに、7月中旬からは、「祈りの痕跡」という浅葉克己がディレクションする企画展が行われます。
文字から考える展示会のようです。


('w') - 今夜は首都高&ラーメンナイトクルーズにでも出かけるかぁ!?
タグ:三宅一生

中国のゲームサイト停止、主要サイトは白黒に 地震犠牲者いたむ

中国のゲームサイト停止、主要サイトは白黒に 地震犠牲者いたむ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/21/news061.html

中国の主要検索サイトやポータルサイトなどのトップページが、5月19日から一斉に白黒表示に変わった。主要なオンラインゲームサイトも3日間、運営を停止している。

 中国政府が19日から21日までを「哀悼の日」と定めたのに伴い、四川大地震の犠牲者への追悼を示した。中国では、普段はカラー印刷の新聞も白黒で印刷され、映画館など娯楽施設も3日間、運営を停止している。

 Google(谷歌)、百度といった大手検索サイトや、Yahoo!China(雅虎)といったポータルサイトは、トップページが白黒になっている。

 Googleトップページには、追悼メッセージ入りバナーを表示。クリックすると、被災地区に住む人の安否情報を検索したり、地震に関するニュースを確認できるページにアクセスする。このページも白黒表示だ。


中国の主要サイトが白黒バージョンになって、四川大地震へ追悼をしているそうです。
中国政府が定めた哀悼の日に伴っているそうで。
新聞も白黒だそうです。

フル CSS だと、こういう緊急対応がやりやすくて良さそうですね。

ところで、もともと、中国では追悼する時に白黒にする、という文化があるのでしょうか?
一斉に足並みそろえたようにしているということは、そうなのかな。。。と思ったのですが、どうなんでしょう。

テレビはサスガに白黒放送にはしてないんだろうなぁ。

何にせよ、ご冥福をお祈りいたします。。。


('w') - そういえば、Google を白黒にするとエコになる、というのもありましたね。
posted by ('w') at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

「子供が裏サイトでいじめられたら、親が突撃するのが一番の方法」と言い切れるか?

「子供が裏サイトでいじめられたら、親が突撃するのが一番の方法」と言い切れるか?
http://akihitok.typepad.jp/blog/2008/05/post-7097.html

書こうかどうか悩んだのですが、結局書くことに。オルタナティブブログ、けんじろうさんによる「裏サイトいじめ対応談」です:

学校裏サイトで娘が実名で攻撃され、父としてメールを送ってみた。
娘を攻撃する学校裏サイトに親としてメッセージを書いた結末
娘を攻撃した学校裏サイトでの「いじめ」が解決した〜子供のネット規制は禁酒法時代の二の舞か?
この3部作に対して、「はてなブックマーク」上では賛否両論が出ています(その1/その2/その3)。「よくやった、すばらしい父親だ」「高校生なのに口を出しすぎ、逆効果になるリスクもあった」など、これだけ反応がハッキリと分かれるケースも珍しいかも。

親の立場としては、けんじろうさんの取った行動(裏サイトに「娘をいじめないで」と書き込み、飛び火したコメントに対しても見つけ出して対応)に賛成したいと思います。仮に自分の娘が同じ立場に立ったら、それこそ持てる知識を総動員して潰しにかかるでしょう。子供が何歳だろうが、いじめの犯人がどんな人物なのかなんて関係ない、いじめが原因で自分の子が死に追いやられてしまった後では遅いのだから。

しかし全てのケースでこの対応を奨励すべきかと言えば、それも無理なように感じます。


これからの時代の親にとっては、悩ましい問題ですね。。。
気になる方は読んで考えてみてはいかがでしょう。


('w') - 今は複雑ですねぇ。。。
posted by ('w') at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

play > smart

playsmart

play > smart
http://www.playsmart.jp/index.html

スマートをカスタマイズしてバーチャル空間を走らせるコトができます。
ペーパークラフトに出力することもできたり。


('w') - 新型 smart はオモシロイらしいですね〜。RR だしなぁ、いいよなぁ。
タグ:smart
posted by ('w') at 12:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリジナルキャラクターWeb投票/クリエイターズ会議・大和 「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」

せんとくん

オリジナルキャラクターWeb投票/クリエイターズ会議・大和 「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」
http://creators-yamato.net/vote/kiyoki.cgi

このページにある30の候補から、奈良のオリジナルキャラクターとしてふさわしいと思うものを1つだけ選んでください。
画像をクリックすると、詳細画像と、作者による説明文やキャラクターの名前が見られます。
選んだ候補作の下の「○」をクリックして印をつけ、ページ最下段にある[投票確認へ]のボタンを押してください。
テーマは「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」です。
投票期間は2008年5月19日(月)から25日(日)までです。
投票は1人1回でお願いします。(ブラウザがCookieを受け付けないと投票できません。1台のパソコンからは1回しか投票できません)
これまでに39683件の投票がありました。(←1506を引くと正しい投票数に。投票結果は正常ですのでご心配なく)


う〜ん、せんとくんでいいんじゃね?
って思います。

あの破壊力には、結局どのキャラも勝ててない。。。
別に破壊力で勝負する必要はないけど(笑)。

とはいえ、せんとくんグッズがうれるわけもないから商売にならないだろうしなぁ。


('w') - 金曜日はモバイルセミナーでパネルディスカッション。ネタはなんとか考えた。。。
タグ:せんとくん
posted by ('w') at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この季節に「庄内平野」の検索が急上昇するワケ

この季節に「庄内平野」の検索が急上昇するワケ
http://searchblog.yahoo.co.jp/2008/05/post_74.html

こんにちは、Yahoo!検索ランキングです。

私たちは、毎日毎日検索される膨大な数のワードと格闘しているわけですが
データをいろいろな角度から眺めていると、時にふと面白い発見があったりします。
今日はそんなお話を。

「庄内平野」という言葉をご存知ですか?
山形県北西部に位置する米作りの盛んな平野なのですが、
毎年4月から6月の間だけ、検索数が急上昇する傾向にあります。

なぜこのような検索周期になるかこの時点でわかった人は
かなりの洞察力の持ち主でしょう。

ではさらに詳しく見て行きます。
このワードは一日のなかで朝9時まず急上昇し、12時から13時にいったん激減。
次に14時に二度目の検索ピークを迎えたあと、収束するという形を描きます。
この形は平日はほぼ毎日同じで、土日は検索数そのものが激減します。


さて、なんででしょう?



自分たちが子どもの頃は、こんなことしなかったなぁ。。。
検索エンジンなんてなかったもの。


('w') - Facebook かなにかで、「出版」というボタンを見て感動。どんどん出版していきたい。ナイス翻訳(ノーネイティブチェック)。
タグ:検索
posted by ('w') at 00:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

セミナー「Creative Fuel」-クリエイティブなデザインを生み出すそのプロセス-

セミナー「Creative Fuel」-クリエイティブなデザインを生み出すそのプロセス-
http://www.liaison-center.net/content/view/108/8/lang,ja/

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターの参加校でもあるPratt Insttitute。その学生から独立し、設立した「Benza」。そして、デザイナーのGiovanni Pelloneが開発したユニークなデザインプロセス。そのデザインプロセスはBenzaのスタジオで実際にテストと改善を行い、一人でもグループでも活用できるようになっています。今回、Giovanni Pellone氏の来日を機に、その中から最も成功となったデザインプロセスの一部をご紹介いたします。

  

<クリエイティビティを刺激するキーとなる3つのプロセス>
1.Behavioral analysis /行動、ふるまいの分析
2.Matrix-based hybrids development /マトリックスベースのハイブリッド開発
3.Free-association brainstorming /自由連想法によるブレインストーミング
日時
2008年6月3日(火) 19:00〜21:00
参加費
5,000円
定員
48名
通訳
逐次通訳
講師

Giovanni Pellone
(クリエイティブディレクター&プロダクトデザイナー)
イタリア生まれ、ローマ育ち。1985年にアメリカに渡る。パーソンズでインテリアデザインを学んだ後、インダストリアルデザインをプラットインスティチュートにて学ぶ。ニューヨークでデザイン活動をスタート。1996年には、「Benza」というデザインプロダクトのコレクション会社を共同で設立。そこのクリエイティブディレクターとなる。「Benza」は、彼をはじめとして、カリム・ラシッド、ジェフリー・バーネット、ハリー・アレンなど数多くのデザイナーが参画、プロダクトを発表し、数々のメディアやショーで話題となる。彼のプロダクトは、Momadesign storeでも数多く扱われている。


デザインプロセスのセミナーです。
夜だし、行きやすいのではないでしょうか?
場所は六本木は東京ミッドタウンです。


('w') - いろいろバタバタ中。。。

2008年05月19日

facebook、日本進出!

facebook、日本進出!
http://nobi.cocolog-nifty.com/nobilog2/2008/05/facebook_8311.html

全米2位のソーシャルネットワークサービス(SNS)、
facebookが、日本向けのサービス開始を正式に発表した。
といっても、今日になって何かが突然変わったというわけではない。
実は設定次第で切り替え可能な、日本語メニューは先月頃から用意されていた。
それに(英語の文面のものも含め)日本の広告も先月(あるいはもっと前からかも)から見かけていた。

今日、行われた発表会は、むしろ創業者のMark Zuckerbergの初来日にあわせて行われたものと考えて良さそうだ。

 ただ、1つ、今回の来日で重要なことといえば、facebook用アプリケーションのローカライズは、どうなるのか、ということ。


Facebook 、日本語メニューとかできてたんですね。
知らなかった(そりゃ、入ってないからそうだ)。

日本進出するなら、ちょっと覗きたいなぁ。


('w') - 今週金曜日、モバイルのセミナーでパネラーやりますルルル。
タグ:SNS Facebook
posted by ('w') at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SNS/ソーシャルウェブ etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。